アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

出会いがいっぱい!EC Bostonならボストン留学が大満足!

      2016/03/18

ec boston

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

これまで私はアメリカのたくさんの語学学校を訪問し、直接インタビューをして来ました。

そんな中から今回は、ボストンにあるEC Boston(ECボストン)でのインタビューの様子をお伝えしたいと思います!

このページで分かるのは、EC Bostonは:

  • アクティビティーが毎日あって、充実したボストン留学が可能な学校!
  • 選択授業や無料のクラスなど、学べることの幅がとっても広い!
  • 新しいクラスメイトや、ボストンの地元民と知り合う機会を設けている!

ということです。
それではインタビューを見ていきましょう!動画とテキストのお好きな方をご覧くださいね。

EC Bostonなら勉強もアクティビティーも楽しめる!


――授業の様子を教えてください。

当校ではコミュニケーションを中心とした授業を行っており、生徒さんが話したり作業をしたりする時間を多く設けています。

クラスごとにそれぞれ違うのが私の好きなところで、そのクラスのニーズや先生のスタイルによって授業内容を変えています。先生によっては新しい方法を積極的に取り入れることもありますし、オーソドックスなやり方を取り入れることもあります。

例えば文法やリーディングなどはどのクラスでもやりますが、やり方は先生ごとに違うのでそこが面白いと思います。

もちろん基本的なところは合わせ、同じテキストを使いますが、トピックに沿って話し合うなど色々行います。クラスによってはペアワークをしたりビデオを作ったり、テキストを使ったり毎日違う感じですね。

――生徒さんの出身国は?

サウジアラビアと韓国が一番多くて、その2国で17~18%ですね 。その次はコロンビアとブラジルを中心とした南米の国々で、全部で60か国以上の生徒さんがいます。南米の次は日本、台湾、中国で、スイス人が3%位ですね。

――アクティビティーはどんなものがありますか?

いっぱいあります(笑)。アクティビティーは毎日あって、色んなものを取り入れています。最近では生徒さんの声を反映して週末のサッカークラブを作りました。他には映画、ディナー、美術館などに出かけたりします。

水曜はボストン美術館、木曜はICAボストンが無料ですし、そういった所に一緒に行くのは楽しいですよ。

それからたくさんのスポーツイベント!ボストンのセルティックス、ブルーインズ、レッドソックスの試合観戦に行きます。

他にはポトラックパーティーなど校内で行うものもあれば、遠くに出かけることもあります。週末はロッククライミング、カヤック、ホエールウォッチング、その他にも、旅行会社を通じてナイアガラの滝、ワシントンDC、ニューヨークなどに行くこともあります。

そこでは当校以外の人と出会う機会もあるので楽しいですよ。

――留学先としてボストンをオススメする理由は?

色々な理由がありますが、よく聞く理由としては、ボストンのアカデミックな雰囲気ですね。

アメリカ最古の会員制図書館や、アメリカ最古の大学であるハーバードなどがあり、そういった所で講義、イベント、シンポジウムなどを開催していていますので参加することもできます。

あと、英語と共にアメリカ文化を学ぶのにぴったりな街でもあります。歴史のあるこの街で、ボストン茶会事件から独立戦争が始まりましたし、アメリカのアイデンティティーを学ぶのに一番良いと思います 。

それからボストンはスポーツが大変盛んです。レッドソックスが見たくて来る韓国人もいますしね。

あとあまり皆さん言わないですが、交通の便もとても便利な街です。市内の交通網はとても整備されていますし、他の都市へのアクセスも良いです。ニューヨークへは数時間で行けますし、私の出身のメイン州へも数時間、海へも山へも街へも田舎へもコンサートにも行けますし、アカデミックな街でもあります。いい街ですよ。

(ボストンは「車なしでも快適に過ごせる、アメリカの人気都市10選」で第3位でした。)

EC Bostonは他校と違うユニークな点がいっぱい!


――ECボストンをオススメする理由は?

色んな理由がありますが、一つは最新テクノロジーを導入していること。インタラクティブ・ホワイトボードを取り入れており、インターネットなどから生きた教材を使えますし、そういったものも事前に用意しておくことができます。

それから、8週間以上通った生徒さんを対象にオンラインでの修了前テストがあります。テストはオックスフォード大学によって作られたものですので、当校の基準ではなく国際基準で現在の英語力を知ることができます。

それからECのプログラムはかなりフレキシブルで、テスト準備コースとしてTOEFL、IELTS、Cambridgeがありますし、ビジネス・イヤー・プログラム、アカデミック・イヤー・プログラム、それから通常授業に加え選択授業もあります。

通常授業ではベーシックな英語力を身につけます。読み、書き、文法、発音、語彙、スピーキング、リスニングなどですね。

そして選択授業はそれらのスキルを用いて興味のあることを学びます。例えばフィルム、カルチャー、スラング、メディア、音楽などのクラスなどがありますが、提供されるクラスも時折変化します。

こういったクラスを通して英語を楽しんでもらえればと思いますし、選択授業では他のクラスの生徒とコミュニケーションを取ることができるのも良い点です。

それから他校にはあまりないと思いますが、ローリング・アドミッションという制度を取り入れており、クラスメイトも入れ替わりがあるのです。だからいつも新しい人と話したり何かを学んだりすることができます。この辺りがECの特別な所だと思います。

――他に他校と違うユニークな点はありますか?

EC Bostonは生徒さん一人一人のゴールを大切にしているところが好きですね。個別の目標を共に管理するシステムがあります。

生徒さんによっては英語を楽しんで学び、友達作りをしたいでしょうし、ビジネスやアカデミックの明確な目標を持っている生徒さんもいます。私は先生方のバックアップもしていますが、先生は生徒さん一人一人の目標を理解するよう努力していますし、その目標に対して時間をかけてサポートしています。

我々はフレンドリーですし、先生方はアクティビティーにも一緒に参加します。皆さんとは生徒としてでなく一人の人間として接していますし、 学校という環境でありながらとてもパーソナルだと思います。

それから、特定のスキルを学びたい方向けに無料のクラスもあります。火曜は発音クラス、木曜は英会話クラス、それから「スタディー・クルー」という宿題の個別指導も行っています。

もう一つお伝えしたいのは、英会話パートナープログラムで生徒さんとボストンの人が話す機会を作っていることです。

アメリカ人と会話のきっかけを作る方法が分からなかったり、学校外での友達の作り方が分からないこともあると思いますので、このプログラムでは一般のアメリカ人との対話の場を提供しています。先生は生徒さんに合わせて話し方や聞き方を変えたりしますが、一般のアメリカ人とのナチュラルな会話も良い経験です。

話をしたり友達を作りたい一般の人が集まりますし、皆さんの英語を正したり評価したりするのではなく、皆さんが英語を練習する機会を与えてくれるのでとても良いプログラムだと思いますよ。

――これから留学する人にアドバイスをお願いします。

ECボストンに留学しようと考えている人へのアドバイスは、英語を学んで何をしたいのかを明確にしておくことですね。

例えばアメリカで大学院に行きたいのか、ビジネスで国際会議に参加したいのか、もしくはソーシャルな目標なのか。どんな目標であれ、それを達成するためにボストンで何をすべきなのか、どんなリソースを活用すべきなのか、どんなアクティビティーに参加しどのクラスを取るべきか。そういったことを考えておく必要があると思います。

アメリカに留学するというのはとてもワクワクすることだと思います。しかし同時に、何を達成したいのか明確にしておく必要があります。

何か資格を取るのも、良い思い出を作るのも、どちらも素晴らしい目標だと思います。我々は皆さん一人一人のゴール達成をお手伝いしますし、得られるものすべてを持ち帰って欲しいと思います。

インタビュー後の感想

ECという大手校ということもあってか、キャンパスのロケーションやプログラムの充実度など、さすがだなぁと感じさせる学校でした。

私が一番いいなと思ったのはやはり、地元のアメリカ人と接する機会を作ってくれているところ。語学学校に留学すると、案外アメリカ人と知り合う機会って限られていたりするんですよね。そこを分かってくれているんだなぁというのが嬉しいですね。

それもやっぱり、生徒さんの声をきちんと聞いてくれる学校だからこそなのではないかなぁと思いました。

 

 

 

 

 - ボストン留学