アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

留学するか悩んでるあなたへ!僕が留学を勧める7つの理由

      2016/03/18

当ブログは、サポート無料の格安アメリカ語学留学エージェント「留こみ!」代表ぶっちが、留学、アメリカ、英語、人生論などについて綴ったブログです。

 

・・・

こんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

あなたは留学すべきか悩んでいませんか?

留学したいけど本当に意味あるのかな?と思ったり、周りの人がしているから自分もした方がいいかな?と思ったり、親や先生に留学を勧められるんだけどあんまり乗り気になれなかったり。もしくは、「留学のメリットって何?英語以外に何かあるの?」と思っているかも知れませんね。

そんなあなたに、私がぜ~ったい留学をお勧めする理由を書きたいと思います!なぜなら、留学であなたは本当に成長するから!多分、今のあなたとは別人に生まれ変わることができるから!

私自身が留学して本当に成長できたと思いますし、現地で出会った留学生も本当にそんな人が多かったんです。だから、そんな話も踏まえながら、私が留学をお勧めする理由を書いていきますね。

1.英語は世界への扉を開いてくれる

まずはやっぱり、「留学」といって一番期待するのは英語の上達でしょう。毎日家でも学校でも街中でもすべて英語になるので、これまで日本で勉強していた時とは比較にならないスピードで英語力を身につけることができます。

英語ができるとどうなるの?というのを想像してみましょう。楽しい空想をたくさんすることで、英語が話せるようになりたい!という気持ちが沸き起こってきますからね。

例えば・・・

  • 外国人の友人ができる
  • 海外旅行で、観光地を見るだけでなく、現地の人と語り合える
  • 世界を相手に仕事ができる
  • 情報源が日本語だけの時と比較して何百倍も増える
  • 自分の好きなこと、地元のこと、日本のことを世界に発信できる

などなどがありますね。もちろん、こういったメリットを認識されている方は多いと思います。

でも、分かっていながらも、現実問題として英語を日本で勉強しようと教科書を開くと、すぐに眠くなってしまう(笑)

でも留学なら、先ほど挙げたメリットのいくつかを「体験しながら勉強」できるので、本当に楽しいんです!

この、「英語を勉強するってこんなに楽しいんだ!」という気持ちを留学でぜひ味わってもらいたいと思います。

2.刺激的な人々との出会い

留学中には色んな人に出会います。これまで出会うことのなかったタイプの人にもたくさん出会うと思います。もちろん、外国人はその一つですね。現地の方にも出会うでしょうし、語学学校では多分普通に日本で暮らしていたら一生出会うことのなかった国の人とも友達になれたりします。

例えば南米や中東は日本から遠く離れているので、旅行に行くのも簡単ではないですよね。ましてや言葉も文化も宗教も違うので、なかなか友達になれそうにない。。。でも、こんな人達と語学学校で同じクラスに入り、一緒に英語を勉強し、ひとたびペアワークでもすれば、すぐに友達になれます。これは本当に楽しいです。

それ以外にも、海外だからこそ出会える人がたくさんいます。それが例え日本人だったとしても、世界でビジネスをしている人だったり、俳優やミュージシャンの卵だったり、バックパックで世界を放浪している人だったり。

そんな人と出会い、話し、刺激を受け、自分の価値観が変わっていく。

これはもう、海外留学ならではの特権だと思います!

3.価値観が広がる

価値観の広がりということでいうと、留学に勝るものはないと思います。なぜなら、外国はそもそも日本とは色んなものが違うし、世界中から集まった人たちと色んな話をするのが留学生の日課。旅行では体験できない現地生活もできますし、ホストファミリーとは日々の生活のこと、現地のこと、日本のこと、その他たくさんの話をすることができます。こんなに素晴らしい体験はないと思います。

では具体的に、価値観が広がるとはどういうことでしょうか?

例えばあなたはこれまでの人生をずっと地元から離れることなく過ごしてきたとします。この場合、あなたの価値観はこれまで出会った周りの人の考え方にある程度似ているのではないでしょうか。例えば東京や大阪といった大都会の人より、地方の人の方が平均的に早く結婚をするという統計があります。「いや、そんなことはない、俺は違うぞ!」と思うかも知れませんが、平均的には統計上そう出ているのです。これはやはり、経済状況や人との出会いなどの共通の背景をもとに、「結婚は〇歳までにしたい」という価値観が土地ごとに形成されているわけです。その価値観が都会と田舎で違うので、平均初婚年齢が違うわけですね。

日本国内でもこうした違いはありますが、これがもっと顕著になるのが海外です。価値観がバラバラなのです。

例えば以前私が留学中に、語学学校で「一日30品目以上のものを食べる必要がある」と発言したら、先生を初め日本人以外の生徒から「なんで?」と言われたことがありました。私もなぜだか分かりません。バランスの良い食事が大切と考えているし、日本ではそれが良しとされています。「一日30品目」というのも、私が昔学校で習ったことでした。

でも「なんで?なんで30なの?20じゃダメなの?」と言われると答えられません。必要な栄養価が摂れるのであれば20でも良い気がしてきてしまいます。それに、ベジタリアンのように野菜と穀物だけを食べて健康な人もいます。その人達に「もっと健康になるために肉も魚も牛乳も摂ろう」と言うのが正しいことでしょうか?

ここで大切なのは、私が「一日30品目」の理由を知らなかったことではなく(それもありますが)、「一日30品目」という当時の私の常識はそのクラスの大多数の人の常識とは違っていたわけです。

こんな風に、自分が当たり前と思っていたことがガラガラと音を立てて崩れ落ちる。そんな経験をすると、「なんで〇〇は〇〇なのかな?」「本当にこれはそうなのかな?」「日本ではこうだけど、海外ではどうなのかな?」という気持ちが起こってきます。これは、価値観が相対化されているわけです。つまり、第三者の視点から自分を見てみることで、これまでにない気付きを得、新しいものの考え方ができるようになったわけです。

どうでしょうか?

次にもっと分かりやすくするために、あなたの身近な話をしてみましょう。

あなたは日本社会で育ち、よく「学校で勉強していい成績を取って、いい大学に入って、いい会社に入れば幸せになれるよ」ということを聞いたことがないでしょうか?直接聞いたことがなくても、なんとなく「あぁ日本ではそうだな」と分かっていただけると思います。

でも、留学して色んな外国人と話したり、アメリカ人の生活を見ていると、日本の価値観とはまったく違った生き方をしている人たちに出会います。

お年寄りが「新しいことを学びたい」といって大学に通う姿、大学を辞めて自分のビジネスを立ち上げる若者、レストランで皿洗いをしながら家族を支える移民、季節ごとに住む場所を変えてサーフィンやスキーを楽しむというライフスタイルを追求する人・・・

このような人に一人でも出会い、話をしてみて下さい。そして、自分の現状や将来の予定なども話してみて下さい。そうやって会話をする内に、「本当にこれでいいのかな?自分が本当にやりたい事はもっとこういうことなんじゃないかな?」という本当の自分に出会うことができるでしょう。

そういった、新たな価値観との出会いは、自分の視野を広げてくれると同時に、人生の選択肢を増やしてくれます。こんな人生もあるんだ、こんな楽しみ方もあるんだ、こんなすごい人もいるんだ、と感じることができるでしょう。

留学はそんな出会いに満ち溢れているからこそ、素晴らしいのだと思います。

4.「自ら行動できる」人になれる

もうすでに「自ら行動できる人」であれば関係ないと思われるかもしれませんし、そもそも留学される方というのは行動力のある人だと思います。もしかしたらまだ少しの行動力が足りなくて留学に踏み切れず、この記事を読んでいるのかも知れませんが・・・

留学すると、さまざまな場面で自ら動く必要があります。バスに乗っていて降りる場所が分からなければ運転手さんに自ら聞く必要がありますし、ホームステイや寮からアパートに引っ越すのであれば自分で部屋やルームメイトを探してくる必要がります。

語学学校の授業でも講義で黙って聞いていれば終わるということはほとんどなく、必ず発言が求められます。ランチ一つとっても、最初は自分でクラスメイトを誘う必要があるでしょう。そしてこれらを全て英語でやらなければいけません。「行動できない」と言っている余裕はまったくありません。やらざるを得ないのです。

そんな環境に飛び込めば、自然にその環境に適応し、自ら行動するのが当たり前になります。そして日本に帰国する頃には、以前の自分とは違った自分を発見することになると思います。

「自ら行動できる人」や「自分の意見をしっかり発することのできる人」というのは、社会に出ればとても評価されます。当たり前のようで、なかなかしっかり行うのは難しいからですね。

こんなスキルを、留学でぜひ身につけてもらいたいと思います。

5.体験することで、世界が断然身近になる

あなたが海外のニュースをテレビや新聞で見る時、どこか心の中で「ふ~ん、そうなんだ~。大変だな~。(でもあんまり自分とは関係ないな~。)」と思うことがあると思います。

もちろん、世界で起こるニュースの多くは、あなたの生活には関係のないことだと思います。

でも、実は色んなところで色んなことが繋がっています。

アメリカの景気が悪くなれば日本も影響を受けて景気が悪くなり、あなたの仕事がなかなか見つからないとか。中東で戦争が始まったらガソリンの値段が高くなって、日曜日のドライブを中止して電車に変更せざるを得なくなったとか。日本で震災があったら車の部品が世界中で不足して販売する車が足らなくなるとか。

世界は驚くほど繋がっています。

それでもどこか、海外のニュースは他人事に感じてしまうのはなぜか。

それはきっと、あなたがその国に行ったことがないからです。

どこかの国の遺跡がテロ集団によって爆破されても、「へ~」で終わってしまうかも知れません。でももしあなたが旅行でその遺跡を見たことがあるのなら、きっと大きく心を痛めるでしょう。もしヨーロッパで大変な生活をしている難民の人を一人でも見たことがあれば、難民のニュースを見るとこれまでとは違った思いを抱くはずです。

このように、テレビや新聞、インターネットで得られる情報を、実際に自分の目で見たことがあるかというのはとても大きな意味を持ちます。インターネットですべてを知ることができるような気持ちになれても、実際にその場に足を運んで見てみることが、今この現代においても非常に重要なのです。

だから、海外に出かけてみましょう。そして、色んなものを見てみましょう。

観光地を巡る旅行もいいけれど、やっぱり現地の人とたくさん話したり、人々の生活の様子を覗いてみましょう。1週間の旅行よりも、1か月の留学のがいい。もし可能であれば、もう少し長く留学できた方がいい。その方が、より実感を持って世界の現実を知ることができるから。

留学は、「遠い世界」を「身近な世界」に近づけてくれます。

6.世界を知っている人が求められている

海外との距離がどんどん縮まっている今、世界を知っている人が求められています。ビジネスの世界でもそうですし、音楽、ダンス、エンターテイメント、スポーツ、科学、建築などなど、どの分野においてもです。この流れが止まることはないでしょう。

では今の日本に、世界を知っている人材が各分野に十分いるかというと、多くの分野で「全然足りない」というのが実際のところだと思います。これはチャンスです。あなたが海外で何かを学んで来れば、求められる人材になり得るということだからです。

では、留学すれば世界を知ることになるのでしょうか?そもそも世界を知るとは?

この答えは一つではなく、レベルに分けられると思います。

もしあなたが最先端の技術を既に持っているのなら、海外の研究機関や企業と共同研究などをしなければ「世界を知る」ということにはならないかも知れません。サッカー選手であればヨーロッパのサッカーチームで試合に出続ける位でないと、「世界を知る」ということにはならないかも知れません。

でも、もっと初歩的なことから世界を知ることはできると思うんです。

例えばアメリカの大学で学生とディスカッションをして彼らの考え方や議論の仕方を学ぶとか。ライブハウスに行って海外のアマチュアミュージシャンのレベル感を知るとか。エチオピア人のクラスメイトと一緒にエチオピア料理屋に行って美味しいエチオピア料理とその食べ方を教えてもらうとか。教会にゴスペルを聞きに行って、どんなことを歌っているのか教えてもらうとか。

またその逆もあると思うんです。海外に出て、日本を再発見するということが。

例えばアメリカのステーキより日本の和牛のが美味しいなと再発見したり、海外のテレビで日本の当たり前の風景を面白おかしく紹介しているのを見たり。そういうものの捉え方があるんだな~と思ったりします。

そんな風に、世界を知る。実際に見て、聞いて、話して、感じる。たった1週間でも1か月でも、これまでテレビで見ただけの話がすごくリアリティーを持って、自分の話になる。

そんな経験が、すぐに活きるかも知れないし、いつかどこかで活きてくるかも知れない。

それがいつかは分からないけど、そうやって広めた視野は絶対に人生の大きな糧となるし、そんな経験をした人は、これから色んなところでもっともっと求められると思います。

7.成長を実感できる

毎日日本にいて、同じ学校や会社に行って、同じようなことをして、同じような人と話しをして・・・ということをしていると、成長を実感するのはなかなか難しいと思います。

でもこれまで書いた通り、留学はすべてが新鮮!

出会う人も、街並みも、文化も、食事も、言葉も全部違う。そんな中で、必死に生きていかなきゃならない。できないこと、分からないことばかり降りかかってくるような気さえしてしまいます。

最初は大変だ~って投げ出したくなるかも知れない。「私には無理!」ってホームシックになるかも知れない。

でも、留学に行った人はみ~んなそれを経験しているもの。それを経験して、みんな乗り越えてる。辛かったり逃げ出したくなったりしても、日々精一杯生きている内に、気が付いたら乗り越えられてる。

最初は道を聞くだけでビクビクしてたのに、3か月もして帰国する頃にはホストファミリーやクラスメイトと英語でいっぱい話しをして、離れるのが寂しくなってたり。「あの時のビクビクしてた私はなんだったわけ?」って感じですよね。でもそんなものだと思います。

どんな形になるかは分からないけれど、留学はあなたをとっても大きく成長させてくれます。そして何より嬉しいのは、「成長できたな~」というのが手に取るように分かること。「私も頑張ればできるじゃん!」って心から思える時が来ます。

そんな成長する自分に出会った時、「留学してよかった~!」と思えますよ!

まとめ

留学すると、英語力が向上する以外にもたくさんのことを身につけ、学び、感じ、大きく成長することができます。留学前は「成長」といってもピンとこないかも知れませんが、簡単に言うと「あなたがなりたい自分になれる」ということ。これって素晴らしいですよね?

もし留学するか悩んでいる方がいれば、ぜひ思い切って一歩踏み出してみて欲しいと思います。

 

次のページはこちら!「留学のメリットはズバリこれ!僕が留学で学んだ7つのこと

 

 - 留学の目的