留学で確実に英語力を伸ばしネイティブの友達を作るために必要なこと

留学で確実に英語力を伸ばしネイティブの友達を作るために必要なこと

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

ニューヨークに留学中の生徒様に現地でお会いし、留学生活、英語の上達度合い、今後のプランなどについてお話を伺いましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

ニューヨークの様子、外国人の友達の作り方、目的を持って留学することの大切さなどを学べると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただきたいと思います!

プロフィール

  • お名前:Kazuyaさん
  • 学校:St Gilesニューヨーク校
  • コース名:一般英語コース→ケンブリッジ試験対策コース→一般英語コース
  • 留学期間:6か月間

ニューヨーク語学留学体験談、留学中のインタビュー

Q. 毎日どんな風に過ごされていますか?

授業は朝から13時までの時と14時までの時があり、それが終わったら学校のカフェテリアで宿題を終わらせて、その後もカフェテリアで勉強したり、家に帰ってパソコンでプログラミングの勉強をしたりしていますので、ずっと勉強している感じです。

周りの方はみんなでどこかに行っているのですが、私は勉強漬けで、少し寂しいこともありますね(笑)。

あとは、meetupを使ってウェブ系のワークショップに参加したり、スタジオで音楽のセッションの集まりに出て友達を作ったりもしています。そこで出来た友達と今度はロサンゼルスまでコンサートを見に行きますよ!

Q. 学校の授業はどうですか?

最初のクラスは真ん中のクラスで、すぐに上のクラスに移って、その後ケンブリッジ検定のコースに変更しました。

ケンブリッジをやろうと思った理由は、TOEICは既に十分な点数を取得していたので、他に何か目標となるものを作りたかったというところですね。ケンブリッジコースを受けるには受講資格を得るためのテストもあったりして、レベルが高いと思ったので。

Q. 目標を持って留学に臨んでいるですね。

そうですね、やっぱり目標があるとダレませんね。今はケンブリッジ試験が目標になっています。試験を受けるのにお金も掛かりますしね。

英語の他に今はコンピューター系の勉強もしているので、そちらも留学の成果にしたいと思っています。

それから音楽の方は、オーケストラっぽいのを作ったりとか。せっかく半年ありますから、留学の時間を無駄にしたくないですからね。

Q. 日本でも英語は勉強していたのですか?

いえ、そこまで頑張っていた感じではないですが、知り合いでTOEIC満点の人がいて、負けたくなかったので参考書を買って1日2時間くらい勉強していました。留学前に885点ありましたが、スピーキングはまだまだという感じですね。

でも留学して1か月半くらい経って、最近はリスニングとスピーキングが伸びた実感がありますね。これまでは「言い方は知ってるけれど自分からは出てこない」という感じでしたが、それが出てくるようになったと感じています。

Q. St Gilesの印象は?

最初のクラスは少し簡単だったのでレベルを上げてもらって、そのクラスは良かったです。

クラスは10人で、トルコ人、コロンビア人、韓国人、日本人、ヨーロッパ人という感じでした。上のクラスにはビジネスで来ている人も多いですね。

St Gilesは好きですよ。不満も特にないですし、お勧めできます。特に真剣に英語を勉強したい人には合っていると思います。申込期間を延長する生徒もいますから、みんな気に入っているんだと思います。

Q. ニューヨークはどうですか?

東京に近い印象がありますね。2か月近く経ったので大分慣れました。節約しているので、まだまだ見れていない部分もありますけどね。

それから、外食はあまり合わない面がありますので、自炊の方が多いですね。Trader Joe’sは安い食材が手に入るので好きですね。

Q. ニューヨークの治安はどうですか?

問題ないですよ。夜遅い時間に地下鉄に乗ったこともありますが、人が多いですし大丈夫でした。

ニューヨークの治安はこちら

Q. 今後の目標は?

11月のケンブリッジ試験に受かりたいです。それから就職も見据えてスピーキングを強化していきたいですね。

それ以外は、音楽とコンピューターなど学校外での活動を増やしたいです。

Q. 帰国後のご予定は?

英語と音楽の両方に関わって仕事をしたいですね。いずれは英語力を活かして外資系企業で働きたいとも考えています。

ご帰国後のインタビュー

Q. お帰りなさいませ。帰ってきて日本の印象は?

街がきれいで食べ物がおいしいのは日本の良いところですね。アメリカの良いところは、アメリカ人の方が気さくですぐに友達になれるので、その面は良かったです。

アメリカではみんなフレンドリーでしたね。音楽活動でジャムセッションやライブをして友達も出来ましたし、スペイン人の友達とは何度か旅行も一緒にしました。この友達が今度は日本に留学に来るので、それも楽しみです。

Q. 留学中、英語の勉強はどうでしたか?

ケンブリッジのコースは受けて良かったですね。最終的にはケンブリッジFCE試験に合格できましたし、授業中はずっと話している感じでみっちり勉強できたので良かったです。

ケンブリッジ試験のあとは一般英語クラスに戻って、一番上のクラスを受けていました。

学校では良く使う言い回しを学び、学校以外でもネイティブと一日ずっといることもよくあって、それが一番効果的な勉強でしたね。英語で友達を作るのに抵抗はなくなったので、これからも日本にいる外国人と友達を作って楽しく勉強していけると思います。

Q. これからニューヨークに留学する人へのアドバイスはありますか?

部屋探しはしっかりした方がいいですね。私は最初インターネットで部屋を探しましたが、条件以外の部分も見てみないと分からないことが多いです。私はアパートにいた犬に苦労したので・・・(笑)

それから、シャイな性格だと損すると思いますから、留学中は思い切って行動した方が良いですね。アメリカ人相手だと、「Hi」と言えば何かしらの会話が自然と始まります。

もちろん最初から英語が上手く話せるわけでもないですし、私自身も最初の頃は相手が引いてる感じもしましたけど(笑)、開き直っていましたし、段々慣れてきましたね。

そのおかげで友達がたくさんできましたし、色んな人と出会えて楽しかったですね。これは本当にニューヨークならではだったと思います。

インタビューを終えて

Kazuyaさんは元々高い英語力があったようですし、それに加えて努力家で積極性があり、結果が出るのに必要な要素をすべて持ち合わせていたのではないかと思います。

半年間の留学で英語力を伸ばし、外国人の友達を多数作り、コンピューターを学び、音楽活動をする。ここまでやれる人は中々いないんじゃないかと思います。

でもKazuyaさんと話していると、本人にとってはそれが当たり前のことのようで、「これからも突き進んでいきそうだな~」と思いました。これからの活躍が期待できますね!

留学される方みんながKazuyaさんのようにバンバン成果を出すのは難しいかも知れませんが、頑張れば結果はついてくるというのを証明してくれましたね。それから努力の大切さ(または努力を楽しむこと)と積極性は見習って行きたいですね。

これから留学を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

Kazuyaさんのバンド「CATCH ME YESTERDAY」の情報はこちら

 

無料E-Book:
「絶対に失敗しないアメリカ語学留学」
ブログには書けない、あなたの留学を成功に導く完全ノウハウ

無料E-Bookダウンロードはこちら
ページトップへ
お問合わせ