留学はしたいけど目的は特にない。そんな時は留学すべきか?

留学はしたいけど目的は特にない。そんな時は留学すべきか?

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

留学はしたい!でも、留学先で何を目的としたいのかイマイチよく分からない。。。

そんなお悩みをいただきましたので、回答したいと思います。

生徒様からのお悩み相談

私は今、外国語学部で英語以外の言語を専攻している大学3回生です。専攻している言語の国への留学も考えていましたが、やはり英語のほうが今後の人生に役立つのではないかと思い、アメリカ留学を考えています。でも、高校2年生の時に一年間カナダ留学をさせてもらったことがあり、そんなにお金をかけてまで二回も留学に行く意味はあるのかなと思い始めました。

英語のスキルは確実に落ちていて、漠然と英語力を上げるためにもう一度留学しようと思っていたのですが、親から「言語習得のためだけに二回も留学には行かせられない、何かしらほかの目標を見つけないと認めない。」と言われてはっとしました。

私にははっきりとした将来の夢などはなく、アメリカでこんなことを学びたいといった目的も見つけられていません。英語を学びたいだけなら日本でもできることです。こんな曖昧な覚悟で行くべきではないですか?

留学したいという気持ちがないわけではないし、親も目的をもっていくなら応援すると言ってくれています。ただ、二回目ということもあり、お金の面でも気持ちの面でも最後の一歩が踏み出せません。でも行くとなったら今年の9月ぐらいから行きたいのでもう時間がありません。こんなはっきりとしない自分にも腹が立ってきます、、、アドバイスをいただけると嬉しく思います。

留学先で何をしたいか分からない理由

この生徒さんが高校生の時にカナダで一年間どんな留学をしたのかは分かりません。充実していて英語力もかなり伸びたのかも知れませんし、楽しかったけど英語はあまり伸びなかったのかも知れません。

でももう一回留学したいということは、留学経験そのものは楽しかったんでしょうね。

でも、高校生で留学するのと、就職活動を控えた大学生が留学するのでは目的が異なるはずです。

それでも留学先で何がしたいか分からないというのは、まずは留学先で何ができるかという情報が足りていない可能性があります。

まずは留学エージェントに話を聞こう

次回はどれくらいの期間留学をしたいのか分かりませんが、例えば半年とか1年間でどれくらい英語力を伸ばすことができて、さらにプラスアルファで何ができるのかということを知る必要があります。

そのためには、留学経験のあるエージェントやカウンセラーに話を聞いてみるのが一番早いですね。(私ぶっちにもお気軽にご相談下さい。)

例えば就活を見据えてTOEICの点数アップを狙うのか、ビジネス英語を学ぶのか、大学のクラスを受講するのか、インターン経験をするのか、ボランティアをするのか、はたまた割り切って学生最後の留学だから思いっきり遊ぶのか。

何でも良いと思いますが、どんな選択肢があって、何に惹かれるかを考えてみる必要があるでしょう。

興味のあるものがない場合は?

そこで興味のあるものがあれば、それをやってみれば良いでしょう。

問題は、そういう話を聞いても何をしていいかまだ分からない場合ですね。

ビジネス英語は使えそうだけどあんまり興味ないし、インターンはやったほうが良さそうだけど難しそうだし、ボランティアとかも興味あるけどやっても意味ない気がするし・・・などなど。そんな風に感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時はどうすべきか?

答えは一つではないと思います。例えば・・・

  1. 無理して留学しなくてもいいか、と留学を中止する。
  2. あまり色々と考えずに、ひたすら英語の勉強に打ち込むとだけ決めて留学する。
  3. 例えばインターンシップなど、今の自分にはできなさそうな難しい挑戦をすると決める。できるかどうかではなくてやると決める。
  4. 流れに身を任せる。親にはとりあえずのプランを話しておいて、実際にどうするかは現地で決める。

などなどですね。

どれでも良いと思いますが、どれを選ぶかはその人次第だと思いますし、こういう選択の積み重ねで人生が決まっていくと思います。

考えすぎてやらないのは良くない

人それぞれの考え方があると思いますから、どんな選択肢を選んだとしても私はそれが正解だと思います。

ただ、私個人の意見としては、「やりたい!」と思った時に「でも・・・」と色々考えてしまって結局やらないというのは良くないと思っています。

「やりたい!」というのは心が何かを感じています。

「でも・・・」と考えてしまうのは、頭が損得勘定をしています。

損得勘定に従って行動すれば、損を減らし得を増やすことができるかも知れません。

でも最終的には、何年か後に「あ~やりたかったな~。やっておけば良かったな~。あの時しかやれる時なんてなかったんだよな~。」と思う確率が高いと思います。

よく「やって後悔するよりやらなくて後悔する方が大きい」というようなことを言いますが、私もそう思います。

今「やりたい!」と思っているのにやらなかったら、きっと次のチャンスは来ないでしょう。そして社会人になったり年を重ねた時、「口では色々言うけど結局はやらない人」になる可能性があると思いま。そんな人生、面白くないですよね。

みんな、心の声を聞いていない

結局思うのは、心より頭で考えたことを大切にするんですよね、人間って。私もそういうことありますが。

それで幸せになれれば良いのです。でも、考えて考えて、みんなが幸せになれればそれが一番いいですが、そうじゃないことが多いですよね。

そして、頭で考えだすと、やりたいことって本当にできなくなっちゃう。

本当は留学したいけど、留学して英語が話せるようにならなかったらどうするの?とか。

好きなグループのコンサートに行きたいけど、チケット代8000円はちょっと高いからやめておこうとか。

本当は海を見ながら一日だけリラックスをしたいけど、そんなことしてていいの?って考えちゃうとか。

もちろんすべては時と場合によるので、頭で考えたことを優先しないといけないこともあるでしょう。

でも、心の声を無視し続けると、心の声に従って行動することができなくなるんですよね。

逆に、夢を叶えた人の話なんかを聞いていると、「考えてもどうにもならないから、え~い!ってやっちゃった」なんて話を聞きます。

だって、行動すれば何かしらの結果は出るけど、行動しないと何も変わらないですからね。

この生徒さんへのアドバイス

最終的なまとめとして、この生徒さんにどうアドバイスしたら良いかな~と考えてみたのですが、最終的には自分で考えて決断をして欲しいと思います。

でも、やれるかどうかはあんまり考えてほしくないですね。それよりも、やりたいかどうかを考えて行動して欲しいと思います。

英語が話せるようになりたい。アメリカに留学したい。それだけあれば十分留学すべき理由になると思います。

あとは、やるからには最高の結果を求めましょう。英語を話せるようになりたいなら、「日常会話程度は話せるように」とか言っていないで、ペラペラを求めましょう。

留学期間中は日本語は一切使わないくらい集中しましょう。上を目指しましょう。「英語を学ぶ」だけではなく「英語を使って何かを学ぶ」のレベルまで行きましょう。そうすれば必然的に目的が出て来ないでしょうか?

英語がペラペラになったらどうしますか?海外で就職しますか?外資系で働きますか?国際ボランティアをしますか?海外の大学院に行きますか?それとも日本の良いものを世界に広めますか?

英語が話せるようになることで広がる可能性に思いを馳せてみましょう。

そもそも英語を話せるようになりたいと思ったきっかけは何ですか?友達が話せるから?アメリカドラマが好きだから?なんとなくカッコいいから?外国人の友達が欲しいから?

話せるようになりたいと思った時の自分が憧れるレベルまで到達しましょう。

英語がちょっと話せるくらいじゃ意味ないとか考えてはいけません。そんなレベルを目指していてはいけないのです。

限られた留学期間をフルに活かし、どうしたら今の自分を変えることができるか、飛躍することができるか、そこにフォーカスしましょう。

そこまで考えたら、きっと良い留学ができると思います。

まとめ

留学をするということは大きな決断ですので、色々と考えてしまうと思います。それ自体は悪いことでも何でもありません。最終的に留学をしないという決断をしたとしても、それはそれで良いと思います。

でもやるからにはベストを尽くしたいですよね。

何をするかも大事ですが、ベストを尽くすという決意さえできていれば、自ずと道も見えてくると思いますし、ご両親も理解してくれると思いますよ。

 

他にも留学についてお悩みのことがあれば、ぜひご相談下さいね。

 

無料E-Book:
「絶対に失敗しないアメリカ語学留学」
ブログには書けない、あなたの留学を成功に導く完全ノウハウ

無料E-Bookダウンロードはこちら
ページトップへ
お問合わせ