アメリカで落としたiPhoneが日本に返ってきた話

アメリカで落としたiPhoneが日本に返ってきた話

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

いや~アホですね~。我ながら意味が分かりません。アメリカ出張中、iPhoneを落としちゃったんですよね。。。

でもこのiPhone、落としてから7日目に返って来たのです。しかも日本に。色んな事が適当なあのアメリカから!(失礼!)

今日はiPhoneを落としてから戻って来るまでの顛末を書いてみたいと思います。

iPhoneをアメリカで落とした!

8泊10日でアメリカに出張に行ってきたのですが、落としたのは8泊目の夜。つまり次の日の早朝には空港に行って後は帰るだけというところです。

落としたのはシアトルの野球場、セーフコフィールド。大谷VSイチローが見れるか?と思って楽しみにしていました。

試合の2日前に「イチローは今期は出場しない」というニュースが流れてきましたので、ガ~ン、一歩遅かった・・・なんてこった・・・って感じでしたが、切り替えて大谷だけを楽しみに見に行きました。

5回くらいまでは普通に試合を見ていて、大谷が出る度にiPhoneで動画を撮影していました。

そしてまた大谷が出てきたからiPhoneを・・・と思ったらiPhoneがなくなってるじゃないですか!

オーマイガ~~~~~っ!って感じですが、取り合えず落ち着いて大谷を見ます(笑)

結構「ない!ない!」って騒いでから、ポケットの中にあったりカバンの中にあったりしますからね。

でも今回ばかりは無いのです。周囲を見渡してもない。行った場所と言えば、球場内のトイレとハンバーガー屋だけです。で、辺りを急いで探してみてもまったくない。店員に聞いても見つからない。なんてこった~><

試合が終わってLost and Found Office(落とし物のオフィス)に行きましたがないとのこと。う~ん、困った。明日の朝には日本に帰るんですが・・・

iPhoneは球場にある

ホテルに戻ってパソコンでインターネットに繋ぎ「iPhoneを探す」アプリを見てみると、まだ球場にあります。球場は試合が終わって30分ほどで閉まっていますから、誰かが持って行ったということはなさそうです。

しかも、ホテルに戻ってから1時間ほどしたところで「iPhone has been found」とメールが入りました。お~、iPhoneが見つかったそうです。

さて。iPhoneは球場にある。でも明日の朝7時台の便で帰国する。こりゃ困った。。。

そこから大忙し。

球場の情報を見ると、朝8時半にまた開く模様。この時点でアウトです。

じゃぁ仕方ない、フライトを変えられるかと検索。ゴールデンウィークなので飛行機の空き状況も心配です。

インターネットで見てみると、午後発の成田への直行便に空きがあるようです。すぐ航空会社にパソコンのスカイプで電話してみると、あと6席空きがあるそうです。「当日に航空券を買う人っているんですか?」と聞いてみると、いるそうなんですね~。なのでこの時点で航空券をブッキング。

という訳で朝球場に行き、iPhoneをゲットして、すぐ空港に行って帰国するプランにしました。もし朝iPhoneをゲットできない場合のことを考えると、帰国日をずらすべきか?とも悩みました。電話無しだと帰国後も大変ですしね。

でもiPhone自体は見つかっているわけですから、待たなくても大丈夫だろう、という可能性に賭けることにしました。

翌朝、Lost and Foundへ

夜中まで航空券のキャンセルだの購入だのしてましたし、どうすべきかあーでもないこーでもないと考えていましたのでほんの数時間しか寝れませんでしたが、早起きして余裕を持ってセーフコフィールドに行きました。

球場は8時半に開くそうですが、アメリカだから遅れることとかもあるだろうな~とドキドキしながら。

着いてみたら、球場内で開かれるイベントか何かのために、ゲートが一つだけ開いていました。そこの係員に聞いてみると、Lost and Foundオフィスは9時に開くとのこと。でも念のため確認で窓口に行ってみると確かに真っ暗。

ブザーを押してみると、「通常のオフィスアワーは8時半から5時半までです」とアナウンスが入る。通常は8時半からで、今日だけ特別9時なのね。よく分からん。

そして遅れること約5分。9時5分くらいになってやっと中に入れてもらいました。

iPhoneはあったのか?

iPhoneがセーフコフィールドにあるのは分かっている。さて、ゲットできるのか?

オフィスのおばさまに事情を話すと、その方がパソコンでデータを検索する。

ドキドキ・・・

 

 

ワクワク・・・

 

 

そして・・・

 

 

「ごめんね、ないわ。」

 

ええ~~~><

 

 

「誰かが拾って、まだLost and Foundに預けてないのかもね。自分のデスクに置いているのかも知れない。」

そんなことってアリ?

「じゃあオフィスに行かせて」と言うも、「オフィスは机が100台とかそれくらいあるから無理よ。」と。

「もう一回球場内を探させて」と言うも、「入場はダメなの」と。

う~~~~!半径百数十メートル以内にあるiPhoneがゲットできない!無念の帰国か!

最悪~って感じでしたが、住所氏名電話番号だけ書き記し、空港に行くことにしました。ちなみに、「見つかったら日本まで私たちの費用で送るわ。それはセーフコフィールドのサービスですから。」とのこと。おぉっ、そこは素晴らしい。

でも、無念・・・

空港にて

空港についてからも、空港のwifiにパソコンを繋ぎ、セーフコフィールドからメールが届いていないか頻繁にチェックしますが、ウンともスンともメールが来ません。

メールが来たら来たで、また飛行機をキャンセルするのか?などなど悩ましいのですが、諦めて一応チェックインはすることにしました。

結局搭乗ギリギリまでメールはチェックしていましたが、ダメでした。「iPhoneを探す」アプリを見ると、まだiPhoneはセーフコフィールドにあります。

う~~、くそ~~~!

無念の帰国となりました。

セーフコフィールドからのメール

飛行機の中ではやることがありませんでした。iPhoneで旅行中の写真を見ることもできませんし、電子書籍を読むことも出来ませんし、音楽を聴くことも出来ません。

仕方なく、興味のない映画を見ていたのですが、これがまたつまらない・・・><

シアトルから成田でしたので、9時間ほどでしたでしょうか。ニューヨーク便とか長いフライトじゃなくて良かった。。。

そんなこんなでよ~やく日本に帰国し、成田でパソコンをwifiに繋げます。すると、セーフコフィールドからメールが来ているじゃないですか!

「Exciting news! We have located your iPhone! When you get back to Japan, please reply all to this email so we can work out how to best return your phone to you.

Take care and we hope you had (and have) a good flight!」

訳)エキサイティングなニュース!iPhoneありましたよ!日本に帰ったらメールちょうだい、そしたらそっちに送るから!気を付けて帰ってね!

お~~~~。

よかった。。。

何とかなった。。。

しかし、数時間遅いっすよ。。。

まぁ、それは言うべきではないか。。。

iPhoneが届くまで

それからすぐ、「大至急送ってください!お金は払ってもいいから!頼みまっせ!」とメールを返信しました。

なのに、それに対する返信がない。

メール送付から2日後、遅いから電話してみると、「明日送るわ」とのこと。なんだよ、まだ送ってないのかよ。。。

しかし次の日もメールが入っていないからシアトル時間の夕方に電話してみると、「担当者が休みだからよく知らないけど、まだここにあるわ。日本に送る費用が$60するそうなの。あなたのクレジットカード情報をもらわなくちゃね」とか言うではないですか。

別に払ってもいいんですけど、払ってくれるって言ってたのにな~って言ったら、確認するとのこと。

何でもいいけど、早くしてくださいよ。。。

 

4日目、メールを開くとようやくUPS(アメリカの輸送会社)からトラッキング情報が入っていました。2日後に着くとのこと。おぉ、意外と早いじゃん。

そして到着予定日の6日目、待てども待てども届かない。

トラッキング情報を見ると「予定通り配送中」なんて出てくる。

夜8時半を過ぎても来ないから電話してみると、「本日の営業は終了しました。土日はお休みです。営業時間は月曜日の・・・」とか何とか言うじゃないですか。

これが金曜日でしたから、「うわ、またiPhoneのない土日か!」ってゲンナリでした。

iPhone到着!

でも、土曜日はオフィスは休みでも配送はやっているようで、土曜日によーやく到着しました。ふへー!

パッケージを開いてみると、クッションに包まれたiPhoneが。傷一つありません。スバラシイ。

シアトル時間の金曜日(日本時間の土曜日)に無くして、1週間後の土曜日にようやくiPhoneをゲットしました。しかも送料はセーフコフィールド負担でした。

いや~疲れた。でも良かった(涙)

iPhoneがなくて困ったこと

普段iPhoneは常に手元にあるので、やっぱり色々と困りましたね。iPhoneがない間は昔使っていたiPhone4sを使っていたのですが、もちろん4Gはないので、wifiのみです。

しかし、いろんなアプリのパスワードが分からない。普段使っているiPhoneはログインしっぱなしのものが多いので、いざパスワードを入力しようとしてもパスワードが分からず使えませんでした。

LINEはパソコンにアプリを入れていたので大丈夫でしたが、外にいる時にパソコンを持って歩くわけではないので、中々不便でしたね。家族に「〇時に帰る」とか「買い物行った?」とか、そういう簡単な会話が出来ないのは面倒でしたね。

それから、レジで並んでいる時にちょっと何かを見たりするのも出来ないので、暇でしたね。ボケーっと。

電車の中では混雑してると本を開くスペースもなく、やっぱりスマホで読むのって便利なんですよね~。

電話はアプリで対応していました。発信する分には大丈夫でしたね。着信はまったく出られませんでしたが><

後は、現地でUberが使えないのも困りましたね。今回は電車で空港に行ける場所だったから良かったですが、アメリカはどこにでも公共交通機関で行けるわけじゃないですから、スマホを無くしたらついでに足止めまでされてしまったなんてことにもなりかねませんので、危険でしたね。

教訓

iPhoneやスマホは便利だからこそ、旅行の時は気を付けた方がいいですね。以下、教訓です。

1.他の端末も必要

旅行に行く際、パソコンもデジカメも持たずスマホ一台だけで行く人もいるでしょう。でも、それを無くしちゃうとすべてを失います。予定表、ホテルの予約表や連絡先、電話やメールやLINEといった通信手段、Uberなど交通の手段、カメラ、その他もろもろです。

今回は私は旅の最後だったし、iPhoneのありかもすぐに分かったから比較的落ち着いていられましたが、旅の最初でiPhoneがどこかに持ち去られちゃったらオシマイでしたね・・・

でもそんな時でも、パソコンとかタブレットがあれば最低限のことは出来ます。なので、スマホ一台に頼るのはやめた方がいいですね。

ホテルの場所なんかも私はスマホで情報を見るのですが、一歩間違えば泊まる場所すら分からない状況になってしまいかねないので本当に要注意です。

2.スマホケースにカードを入れない

多くの人がスマホケースにクレジットカードなどを入れていますが、あれもやめた方がいいですね。海外でスマホとクレジットカードを両方無くした時のショックは半端じゃないでしょう。大事なものは分散、分散ですね。

3.貴重品は大切に

今回スマホを落としたのは、多分普段あまり着ないジョギング用のジャケットを球場に着て行って、浅いポケットに大きなiPhoneを入れたからだと思います。

その証拠に、その後同じジャケットのポケットに入れたサングラスもポロリと落ちました。

旅先では普段と違う気候に対応するため違う服を着るので、注意が必要ですね。普段を違うことをすればするほどミスの確率も上がると思うので。

私はしませんが、本当は腹巻に財布やパスポートやスマホを入れておくくらいの方がいいんでしょうね。球場ではお酒を飲む時のために身分証としてパスポートも持ち歩きますが、ズボンのポケットに入れておくのもやっぱりちょっと不安でしたね。

感想

いや~何だかんだありましたが、最終的には戻ってきて良かったです。本当にラッキーでしたね。返ってこなかったらまたiPhoneを買うしかないかなと思ってましたが、旅行中の写真など、まだバックアップできていないものが全部消えちゃうのも悲しいですしね。

あなたも同じ失敗をしないよう、気を付けて海外に行ってくださいね!

 

無料E-Book:
「絶対に失敗しないアメリカ語学留学」
ブログには書けない、あなたの留学を成功に導く完全ノウハウ

無料E-Bookダウンロードはこちら
ページトップへ
お問合わせ