コミュニティカレッジとは?コミカレって短大と何か違うの?

コミュニティカレッジとは?コミカレって短大と何か違うの?

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

今日はみなさんに、コミュニティカレッジについてお伝えしたいと思います。

コミュニティカレッジとは2年制の短期大学で、私ぶっちも通った経験があります。語学留学だけじゃ物足りない!何か英語プラスのものを学びたい!という人や、最終的に4年制大学に行きたいと考える人にとても人気のある留学の選択肢です。

コミュニティカレッジって何?という、まだ何もご存知ない方にもお分かりいただけるよう、分かりやすく説明していきたいと思います。

コミュニティカレッジとは何?

コミュニティカレッジとは2年制の大学のことです。元々は、地元民(コミュニティ)のために州や市が作った短大でしたが、今では幅広いニーズに対応するために、職業訓練的な意味合いがあったり、留学生を積極的に受け入れていたりと、とても幅が広がってきています。

コミュニティカレッジのプログラムは大きく以下の3つに分けることができます。

1.Certificate(サーティフィケート)取得プログラム:

3~12か月で、特定のプログラムを受けて修了証がもらえるものです。9か月以上のプログラムの場合、OPT(後ほど説明します)というアメリカで働ける許可が得られます。

2.短大卒業資格プログラム:

アソシエイト・オブ・アーツ(通称AAディグリー、文系向け)とアソシエイト・オブ・サイエンス(通称ASディグリー、理系向け)、もしくは職業訓練プログラムの場合はアプライド・サイエンス(通称AASディグリー)を取得することができます。AAとASディグリーの違いは文理の違いだけで、短大卒業資格であることに変わりはありません。

3.4年制大学編入プログラム:

行きたい4年制大学が必須科目とするクラスをコミュニティカレッジで取り、4大の3年次に編入するためのものです。

コミュニティカレッジはどんな人が行ってるの?

コミュニティカレッジはアメリカに1,167校あり、1,240万人(!)もの人が通っています。これはなんと、Undergraduate(学士課程)の半数近くの数ですので、コミュニティカレッジはアメリカ人にとってとても身近な存在であることが分かりますね。

学生の年齢は18~24歳が中心ですが、社会人やリタイアした人もたくさん学んでいます。

コミュニティカレッジはこんな人に向いている
4年制大学への編入を希望する人:

これが日本人にとっては一番人気です。大学の1、2年の一般教養の単位をコミュニティカレッジで取り、4大の3年に編入するパターンです。

アメリカの大学に安く行きたい人:

4大に4年間行くよりも、最初の2年をかなり安く抑えれるのがメリットです。詳細は下の費用のセクションを見て下さい。

アメリカの大学体験をしたい人:

語学留学だけでは物足りない、でも2年や4年は長すぎる、という人には短期のサーティフィケート・プログラムなども良いでしょう。

アメリカで就業体験をしたい人:

9か月以上のサーティフィケート・プログラムやAA、AS、AASディグリーを取得すれば、OPTという1年間の就労許可を得ることができます。

どんなコースがあるの?

4大編入コースから職業訓練コースまで含めると、とてもたくさんのコースがあります!もちろん学校によって提供されるコースは違いますが、以下に一般的なコース一覧を示します。

Accounting 会計学
Acting/Theatre アクティング/シアター
Anthropology 人類学
Arts and Journalism アート/ジャーナリズム
Astronomy 天文学
Atmospheric Science 環境科学
Aviation 航空学
Biology 生物学
Botany 植物学
Business Administration ビジネス
Business Technology ビジネス・テクノロジー
Ceramics 陶芸
Chemistry 化学
Chiropractic Medicine カイロプラクティック・メディスン
Computer Information Systems コンピューター・情報システム
Computer Science コンピューター・サイエンス
Communication Studies (Speech) コミュニケーション(スピーチ)
Cosmetology 美容
Creative Writing ライティング
Criminal Justice 刑事裁判
Dental Hygiene 口内衛生
Dentistry 歯科学
Diagnostic Ultrasound 超音波診断
Digital Illustration デジタル・イラストレーション
Drawing デッサン
Early Childhood Education 幼児教育
Economics 経済学
Education (Elementary and Secondary) 教育学
Emergency Medical Technician 救急医療
Engineering エンジニアリング
Engineering Technology エンジニアリング・テクノロジー
English 英語
Environmental Studies 環境学
Finance ファイナンス
Foreign Language 外国語
Geography 地理
Geoscience 地球科学
Global Studies 国際関係学
Graphic Design グラフィックデザイン
Healthcare Risk Management ヘルス・マネジメント
History 歴史
Information Technology IT
Journalism ジャーナリズム
Legal Office Assistant certificate リーガル
Management マネジメント
Marketing マーケティング
Mathematics 数学
Medical Administrative Support 医療
Medical Assisting 医療補助
Medical Billing Specialist certificate 医療会計
Medicine 薬学
Multimedia: Web Design マルチメディア:ウェブデザイン
Music 音楽
Natural Science 自然科学
Nursing (RN) 看護
Nutrition 栄養学
Oceanography 海洋学
Optometry 眼科
Painting ペインティング
Philosophy 哲学
Photography 写真
Physical Education 保健体育
Physical Therapy フィジカルセラピー
Physics 物理学
Political Science 政治学
Precision Machining 精密加工
Psychology 心理学
Reading and Study Skills リーディング/スタディースキル
Running Start ランニング
Sculpture 彫刻
Sociology 社会学
Speech (Communication Studies) スピーチ
Studio Arts スタジオアート
Theatre シアター
Veterinary Medicine 獣医学
Visual Communications 画像通信
Web Design (Visual Arts) ウェブデザイン(ビジュアルアート)
World Languages 世界言語

コースはとても豊富ですね。

コミュニティカレッジの特徴は?

コミュニティカレッジの特徴を、良い点と悪い点から見てみましょう。

コミュニティカレッジの良い点
  • 4年制大学に比べて授業料が安い
  • 幅広い層の学生が通えるよう、スケジュールがフレキシブル(夜や土曜日に授業があることも)
  • 入学後も専攻を変えられる
  • 授業料が安いため、興味のある分野の授業を取りながら、自分にピッタリの専攻を決めることができる
  • クラスサイズが小さめ。(小さいクラスは20人ほど)
  • 4年制大学の1、2年次は大学院生が教えることもあるが、コミュニティカレッジでは教授が教えてくれる
  • 入学が容易。日本での学業成績はほぼ考慮の対象外であり、ACTやSATといったアメリカ人学生が受験するテストの受験が不要。必要とされる英語試験(TOEFLやIELTS)の点数も低い。
コミュニティカレッジの悪い点
  • 4年制大学に比べると提供されるコースは少なめ
  • 課題などが4大に比べて少なめ
  • 真剣に勉強する学生とそうでない学生が同じクラスを取ることになる
  • 4年制大学と比較するとクラブ活動などのキャンパスライフが充実していない

このように良い点、悪い点がありますので、これらを知った上で自分にピッタリの学校を選びましょう。

コミュニティカレッジに入学する方法

学校にもよりますが、多くのコミュニティカレッジは出願に際し、次のものを提出する必要があります。

  • 願書
  • 出願料($75前後)
  • 英文残高証明書($20,000以上)
  • 最終学歴成績証明書(英文)
  • 出願理由を記載した英文エッセイ(500字以上)
  • TOEFL(450 PBT, 133 CBT, 45 IBTなど)/IELTS(5.0)などの英語スコア

英文残高証明書は、銀行に残高証明書を英語で発行してもらいます。ここで必要とされる額は学校によって異なります。

最終学歴成績証明書は、最終学歴が高校であれば高校に成績証明書を英語で発行してもらうことになります。

英文エッセイは特に難しく考えることはありませんが、自分は何を学び、どうなりたいのかという現時点での展望をしっかり書く必要があります。

英語のスコアは、学校によって必要とされる点数やテストフォーマット(TOEFL、IELTSなど)が違いますので、志望校で必要とされるテストフォーマットを確認してからテスト勉強に臨みましょう。

コミュニティカレッジ留学に掛かる費用

アメリカのコミュニティカレッジは安いということはすでにお伝えしましたが、では実際にはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか?カリフォルニア州ロサンゼルスの人気コミュニティカレッジ、サンタモニカカレッジの例を以下に紹介したいと思います。

学校関連費用 学費+その他費用 学費+その他の年額費用 (24単位、2学期)
学費 ​$335/単位 ​$8,040
保険費 ​$19/単位 ​$38
学生費 ​$19.50/学期 ​$39
学生証 ​$13/学期 ​$26
健康保険
(必須)
​$600/1学期+1セッション
+$200初期費用
​$1200
生活費 概算月額 概算年額
住居費 $1,277(ホームステイ+
二食付きの場合)
$15,324
教科書代 $873/学期 $1,746
お小遣い $324 $3,888
交通費 $167 $2,004

年間合計費用:$32,305

サンタモニカカレッジのホームページには、9か月分の生活費が記載されていましたので、分かりやすく1年分に直しました。

全体の費用と比べて、学費の割合があまり高くないことがお分かりいただけるのではないかと思います。

コミュニティカレッジへの留学に必要なビザ

コミュニティカレッジへの留学にはF-1学生ビザが必要です。職業訓練を目的としたプログラムに通う場合は、M-1ビザが必要です。

ビザの取得には学校の入学許可から3か月ほどかかりますので、早め早めに計画して行動しましょう。

コミュニティカレッジへの出願プロセス

出願する際のプロセスは学校によって異なりますが、多くの学校は次のようになっています。

  1. オンラインでの出願書提出
  2. 出願料支払い(約$75)
  3. 必要書類の提出(銀行残高証明書、最終学歴成績書、エッセイ、英語テストスコアなど)
  4. 入学許可証発行・受領
  5. ビザ申請(在日米国大使館にて)

多くの学校が、これらの出願プロセスをすべてインターネット上で完了させる仕組みを取り入れています。

出願時期

出願時期は、留学するコミュニティカレッジがセメスター制かクオーター制をとっているかで大きく違います。

セメスター制とは春秋に約16週間の学期があり、夏冬に6~8週間程度の短いセッションが行われる制度で、クオーター制は秋冬春に約10週間の学期があり、夏は6~8週間程度の短いセッションが行われる制度です。

セメスター制をとる学校とクオーター制をとる学校の出願時期を以下の通り示します。尚、基本的にはどの学期から入学することも可能です。

セメスター制:サンタモニカカレッジの例
クラス期間 出願期限
夏セッション 6月22日~7月31日 4月15日
秋学期 8月31日~12月22日 6月15日
冬セッション 1月4日~2月11日 10月15日
春学期 2月16日~6月14日 11月15日
クオーター制:ディアンザカレッジの例
クラス期間 出願期限
夏セッション 6月27日~8月19日 入学受付無し
秋学期 9月21日~12月11日 6月30日
冬学期 1月4日~3月25日 10月31日
春学期 4月4日~6月24日 1月31日

出願後、入学許可が下りるまでに通常約1か月ほどの時間がかかります。つまり、期限ギリギリでの出願では、ビザの取得を含めた準備の完了が非常に厳しくなりますので、各学期開始日の半年前を目安に出願をするようにしましょう。

アメリカで働けるOPTとは?

OPTとは、アメリカの大学(コミュニティカレッジを含む)に最低9か月以上フルタイムの学生として学んだ人に与えられる労働許可です。

OPTとはOptional Practical Trainingの略で、日本語ではオプションでの実践トレーニングということになります。つまり、学校で習ったことを実践でトレーニングする機会を与えられるというものですので、学校で学んだ専攻と関連する分野の職業体験をすることができるというものです。

OPTの資格を得るためにはコミュニティカレッジに最低9か月以上フルタイムの学生として通う必要があり、OPTの資格は12か月有効です。理数系(科学、技術、工学、数学など)を専攻する学生はプラス17か月、合計29か月働くことができます。OPT期間中は有給で働くことができます。

OPT期間中に雇用主に仕事ぶりを認めてもらえれば、その後の雇用に繋がる可能性もある点も人気の一因となっています。また、コミュニティカレッジの場合は9か月という比較的短い留学期間で就労体験に繋げることができるということで、人気の道の一つとなっています。

コミュニティカレッジに関するよくある質問

Q:寮はありますか?
A:寮がある学校は少なく、ホームステイやアパートに住む学生さんが多いようです。ホームステイやルームメイト探しは多くの学校が手伝ってくれます。

Q:高校の成績は関係ある?
A:コミュニティカレッジは基本的に門戸の開かれた学校ですので、日本の高校の成績が影響することはほとんどありません。

Q:日本の高卒の資格は必要?
A:多くのコミュニティカレッジは高校卒業資格を入学資格のひとつにしています。しかし、高校卒業資格のない方も、General Educational Development Certificate(GED)という高校卒業認定を取得することで入学出来る場合もあるようです。

Q:ジュニアカレッジとコミュニティカレッジは違うの?
A:同じです。以前はジュニアカレッジと言われていたものが、時代の変化とともにコミュニティカレッジと呼ばれるようになってきたという背景があります。

Q:アルバイトはできますか?
A:学期中は週20時間まで、休暇中はフルタイムで、キャンパス内であれば働くことができます。キャンパス内の仕事には、インターナショナル・オフィスの事務スタッフや図書館スタッフ、購買の販売員、飲食店の調理員などがあります。

Q:専攻は決めてから入る必要があるの?
A:決める必要はありません。興味のあるクラスを中心に単位を取得していく内に、自分の専攻はこれだというものが見えてくることもあるようです。

まとめ

アメリカの大学に行きたいと考えた時にまず立ちはだかるハードルは入学できるかどうかです。多くの日本人は英語力にも不安があるため、「そもそも入れるの?」というところが気になると思います。

しかしお伝えしたように、コミュニティカレッジはほとんど誰でも入ることができますし、入学条件の英語力も決してハードルの高いものではありません。こんなところが、コミュニティカレッジの人気の一因だと思います。もちろん、授業料が安いのも嬉しいですね。

この記事ではコミュニティカレッジの基本中の基本をお伝えしましたので、他の記事でコミュニティカレッジでの留学生活についても読んでみてくださいね。

 

次はこちらの記事を読んでくださいね!
アメリカの大学留学ならコミュニティカレッジがお勧めな理由
アメリカのコミカレは楽勝?大変?色々言うけどどっちなの?
私がSanta Monica Collegeを選んだ3つの理由

 

無料E-Book:
「絶対に失敗しないアメリカ語学留学」
ブログには書けない、あなたの留学を成功に導く完全ノウハウ

無料E-Bookダウンロードはこちら
ページトップへ
お問合わせ