これから留学する方必読!留学に失敗する理由と痛すぎる失敗例

これから留学する方必読!留学に失敗する理由と痛すぎる失敗例

当ブログは、サポート無料の格安アメリカ語学留学エージェント「留こみ!」代表ぶっちが、留学、アメリカ、英語、人生論などについて綴ったブログです。

 

・・・

皆さんこんにちは。アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

留学したら英語を話せるようになりたいですよね。留学するか決めかねてる人も、英語が絶対ペラペラになると分かっていたら気持ちが大分傾くのではないでしょうか。

でも、多くの方は留学しても英語を話せるようにならないまま帰国しています。そして、そういう方たちにはいくつかの共通項があります。

今日はそんな失敗例をあなたにお伝えすることで、その失敗例から学び、留学で英語力が伸びた!目標を達成した!と自信をもって言えるようにしてもらいたいと思います。

 

失敗例1.留学期間中、日本人と遊んでばかりいる

留学しても英語が話せるようにならない理由のぶっちぎりNO.1は、ありきたりですがこれです。

「日本人とばかり付き合っていたから」。

そうです、わざわざ異国の地まで高いお金を払って行って、日本人同士で遊んで帰って来ることになってしまうのです。

では、なぜこうなってしまうのでしょうか?留学したらネイティブと友達になりたいですよね?世界中から来ている留学生と友達になりたいですよね?

それでも留学すると、なぜか日本人ばかりと遊んでしまうのです。

この原因を突き止めなければ、あなたが意気揚々と留学しても、多くの留学生と同じように留学しても英語が話せなくなってしまいますので、原因をしっかり考えてみましょう。

 

理由その① 日本人の多い環境で流されてしまう

まず最初に、私は語学学校に日本人がいること自体は悪いことだと思っていません。また、「留学したら日本人とは付き合うな」という過激な主張をする人もいますが、私はそうは思いません。たまたま同じ留学先に同じ国から来た人がいるだけで避けるというのは、とても不自然ですよね。

それでも留学先の学校に行って、すでに日本人のグループができていたりすると、そちらが気になってしまうのです。あなたがいくら英語で話そうと頑張っていても、すぐそばで日本語を話しているグループがいたら、否応なく日本語の方が先に耳に入ってきてしまうのです。日本語ネイティブですからね。仕方ありません。

で、そんなグループが楽しそうにしていると、だんだん顔見知りになり、友達になり、休日も一緒に出掛けるようになって、気が付いたら日本語どっぷりの生活になっていたりします。

では日本人のいる環境に留学してはいけないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。そこは自分をコントロールすればいい話。あなたも他の日本人も、英語を学びに留学に来ているのです。だったら切磋琢磨すればいいですよね。それができない人であれば距離を置けばいいという話です。意識の高い日本人を選べば良いのです。

でも、そういう風に毅然と行動できるか不安な人や、流されやすい人は気をつけましょう。付き合う相手を自分から選んだり、遊びの誘いを断ることのできない人は、なるべく日本人比率の低い学校を選んだ方が良いでしょう。

 

理由その② 留学中は不安や悩みが多い

留学しても英語が話せない!知らなきゃハマる、6つのワナ」でも書いた通り、海外に出て英語環境で一人で生活していくというのは想像以上に厳しいです。色々不安になったり、英語が伸びなくて悩んだり落ち込んだりします。すると、同じような悩みを抱えた日本人と自然に行動を共にするようになります。

ここで切磋琢磨できるような関係を築けるのであれば問題ありませんが、大抵の場合、居酒屋でため息をつきながら愚痴を言い合う仲間になってしまいます。

そうならないようにするには、同じような不安や悩みを抱えた外国人留学生を一人でもその仲間に入れること!そうすれば会話は英語になりますよね。相手がどこ出身であろうと、不安な気持ちは一緒です。こんな辛い時にいろんな話をした仲間とは、一生付き合える友達になれますよ。

 

理由その③ 異国の地で自由を謳歌してしまう

留学先に行くと、非常に開放感を感じることが多いようです。親の監視下から離れるということもありますし、外国の自由な雰囲気がすっかり気に入ることもあるでしょう。

留学先では寮やルームシェアなど、同年代の人と一緒に生活をするケースもよくあり、非常に楽しく感じると思います。そんな環境で言葉を含めて分かり合える日本人がいたら、遊んでしまうのも無理はありません。

すると、英語の勉強という留学本来の目的は忘れてしまい、青春を謳歌することが目的となってしまいます。

これでは英語は上達しませんので、常に自分の目標を頭に入れておく必要があります。

 

理由その④ 人間は自分に近いものに引き寄せられる

そもそも人は自分に近いものに惹かれる傾向があります。活発な人は活発な人と仲良くなりやすいですし、アニメが好きな人はアニメが好きな人と友達になりやすいです。

海外であなたに近い人と言えば、やはり日本人です。言葉の壁を感じず、自分の思いを伝えられる相手。これだけで相当な魅力があります。

こうして知らず知らずの内に、日本人同士が引き寄せられていくのです。それが異性間の場合は、カップルになることも多いようです。もちろんそこで切磋琢磨できればまったく問題ありませんが、恋人同士で日本語禁止というのもなかなか厳しいでしょう(笑)

 

日本人の少ない留学先として、田舎を選ぶのはどうか?

日本人が周囲にいることが原因で留学に失敗するのであれば、日本人のいないような田舎に留学したら問題ない気もします。ただし、「【都会vs田舎】知らなきゃヤバい、留学先の選び方」にも書きましたが、そんなに簡単ではないようです。

まず一つ目の問題として、日本人のまったくいない環境であれば寂しさを感じたり、ホームシックになる可能性が高くなることが考えられます。英語も話せず、友達もできず、気分転換ができるような場所も近くにないという田舎の環境で頑張れる人は中々少ないと思います。

また、そんな環境にもし一人でも日本人を見つけたら、その日本人と二人べったりの状況になるでしょう。つまり、規模が小さいだけで、やっぱり日本人とくっついてしまう可能性が高いのです。(逆に日本人がたった二人の環境で「日本人とは付き合わない」と言える人はなかなかいないでしょう(笑))

 

失敗例2.元々の英語力がなさ過ぎてまったく伸びない

留学前の英語力がまったくないのも、留学で英語が伸びない原因になります。

例えば語学学校では、subject(名詞)、verb(動詞)、object(目的語)、adjective(形容詞)、adverb(副詞)という言葉はほぼ毎日のように出てきます。まずこういった、必ず授業で使われる単語の意味を知らなければ授業が理解できるようにはなりません。

また、例えばホームステイ先でも、「行ってきます」「ただいま」「今日は帰りが遅くなりそうです」「おいしかったです」「シャワーを浴びてきます」などの必ず使う言葉を知らなかったらどうでしょうか?「ただいま」の言い方が分からないがために、黙ってそろ~りと家に入り、突然目の前に現れたあなたを見てホストマザーがビックリ仰天、「この日本人キモっ!」と思われても仕方がありません(笑)。

このように、最低限知っておくべき英語表現は最初から知っておかないと、英語の勉強も日常生活もうまくいきません。日常生活が上手く行かなければそちらで悩むこともあり、余計に勉強どころではなくなってしまいます。

また、英語力は毎日少しずつ伸びるのではなく、しばらく低空飛行が続き、ある時期からぐわ~ンと伸びてくると言います。これは私の経験からもそうだと思います。

ということは、ある程度の英語力のある人はぐわ~ンがすぐ来る可能性があるのに対し、留学前の時点の英語力が低い方はこの低空飛行の期間がこれからまだ続くということです。

この時期に「私英語話せるようにならないや・・・」と自信をなくしてしまったら、失敗に大きく近づくことになってしまいます。

そういったことを避けるためにも、「たったこれだけ!英語が話せないあなたが留学前にすべきこと」も参考にしつつ、留学前に必要最低限の知識は身につけておきましょう。

 

失敗例3.留学中にお金が足りなくなって英語の勉強どころではなくなる

留学前に語学学校の授業料やホームステイ代などを支払い、現地に着く頃にはすでにお金が足りるか心配になっているという人がいます。

この人たちは次第に、留学先でアルバイトができないか考えるようになります。

アメリカ留学の場合、学生ビザで入国した人たちは基本的にアルバイトはできません。できたとしても大学の中に限定され、かつ決められた時間数までしか働けなかったり、働くのにソーシャルセキュリティーナンバーを取得する必要があったりと、なかなかハードルが高いのが現実です。

それでは生活費が賄えないとなると、次に考えるのは日本食レストランなどでのアルバイトです。実際、学生のような年代の日本人が働いているのを見ると「私も働いてもいいのでは?」と考えるようになりますし、日系の現地情報誌などを読むと厨房やウエイトレスの募集広告が出ています。

それでもなおお金が足りなさそうだと分かると、女性の場合日本人街のスナックなどでアルバイトをする人もいます。するとバイト先では日本語環境にどっぷりと浸かり、夜遅くまで働き、次第に学校にも来なくなり、何のために留学しているのかが分からなくなってきます。

しかもこれらのアルバイトはすべて違法ですから、いつ警察に見つかって強制送還されるかとビクビクしながら働くことになります。

せっかくの留学がこれで良いわけがありませんね。最低限必要なお金は用意してから留学するようにしましょう。

(アメリカ留学中にお金を稼ぐ方法については、「留学費用が貯まらない!アメリカで稼ぐ7つの方法を検証!」をご参照ください。)

 

失敗例4.留学先への慣れからくる怠け

これから「留学して英語の勉強頑張るぞ!」と思っている人からすると信じられないかも知れませんが、人間というのは流されやすいもので、最初は緊張していた留学生活も、学校に慣れ、ホームステイ先に慣れ、街に慣れ、何となく生活できるような英語力が身につくと人は怠けるようになります。

一番危ないのは、語学留学だけで3か月以上行く人。3か月くらいまでなら怠けが出てきてもすぐに帰国が近づいて来て、また気を引き締めることができますし、長期留学でも次の進学先がある人は緊張レベルをある程度維持できます。しかし、語学学校に半年、1年、2年と行く人は要注意です。

基本的に、あなたの英語力が現状ゼロに近かったとしても、1年間頑張って勉強すれば現地の大学に行くことができるレベルくらいには達します。達しているはずです。それなのに、1年以上語学学校にいる場合は、ほとんどの場合「英語を話せるようになって〇〇したい」という目的を失い、「ただ現地にいたいから」という理由に変わってしまっています。

この人たちは現地にいることが目的ですから、学校の最低出席率を気にするようになります。最低出席率を満たしてさえいればビザをキープできるからです。

でも、語学学校に行っている=英語力が伸びるではありません。語学学校に行けば英語が話せるようになるのであれば、誰も苦労しません。問題は、学校で習ったことをどう自分のものにしていくかなのです。

もしあなたが英語力の向上だけを目的にしているのであれば、語学留学の期間は1年、もしくはどんなに長くても1年半までにしておきましょう。それ以上はダラダラと時間だけが流れてしまい、お金の無駄になってしまいます。

 

留学失敗の結末

さて、これまで4つの失敗例をお話しさせていただきましたが、中にはもっとひどい例もあります。留学が人生転落のきっかけ?!ともなり得る特異な例ですが、ご紹介させていただきたいと思います。

 

出席率が足りず退学に

よくある例(ひどい例なので本来よくあってはいけないのですが)は、退学処分になるケース。退学処分になった場合、次に受け入れてくれいる学校があればそこに転校すれば良いですが、中々受け入れてくれる学校はありません。

特に大学に留学している場合は転校先探しは厳しいと言えるでしょう。

転校先が見つからないということは、I-20が切れるということで、つまりは合法的にアメリカに滞在できなくなるということです。

両親に高い留学費用を払ってもらいながらも退学処分となり帰国するのは、相当厳しいものと言えるでしょう。

 

違法のアルバイトが見つかり強制退去

先ほどもお金を稼ぐために違法のアルバイトをしている人がいると書きましたが、ニューヨークやロサンゼルスといった大都市ではかなりの数の日本人が実際にその状態にあると言ってよいでしょう。

実際、教室の中で日本語で、昨夜のキャバクラでのアルバイトがいかにひどかったかという話を堂々としているケースも聞いたことがあります。

このような状態で英語が上達するのでしょうか?またこのような状態が彼ら彼女らの望んだ留学生活なのでしょうか?

アメリカでは大学外でアルバイトをすることは違法状態ですから、検挙されれば即刻強制退去となります。家に荷物を取りに帰る時間も許されないそうですので、身体一つで日本に帰ることになります。日本に着いてからこの方々はどうするのでしょうか?ご家族や友人はどう思うでしょうか?

 

度が過ぎた遊びに手を出して・・・

アメリカの一部やカナダでは大麻が合法となりましたが、外務省によりますと、日本人が海外で大麻を使用した場合も処罰の対象となり得るようです。

実際にアメリカやカナダで逮捕されるということは無いのかも知れませんが、問題は大麻を常用している状態でまともな留学生活ができるかという点です。

これまで、アメリカで大麻を使用しホストファミリーとトラブルになったケースを聞いたことがありますし、その方の交友関係が荒れたものであることも容易に想像がつきます。

大麻だけに終わらず他の違法性薬物に手を出したり、日本帰国後に大麻を使用した場合などは人生を狂わせる結末を迎えることになるでしょう。

 

留学失敗のせいで就職できない

また、留学に失敗したために就職が厳しくなることもよくあります。

例えばアメリカが好きになり、違法でアルバイトをしながら長期滞在をしたとします。この場合、これまで書いた理由で英語が上達するケースは珍しいでしょう。

それでもズルズルと留学期間を伸ばし、年齢だけ重ねていきます。

そんな彼・彼女も、いずれは就職する時が来ます。履歴書を書く段階になって、「語学学校5年、TOEIC400点」などと書くわけには行きません。しかも語学学校は学歴には入りませんので、学歴は留学前のまま、年月だけ経っています。アメリカで就労するのは違法ですから、職歴すら書けません。

こうなった時に選べる選択肢は非常に限られたものとなるでしょう。未来への投資として留学したのに、結果としては未来の可能性を狭める留学になってしまいました。

 

留学の失敗を避けるにはどうすればよいか?

では留学の失敗を避けるにはどうすればよいでしょうか?

 

留学の目標を定めておく

やはり目的意識のある生徒と無い生徒では、日々の行動に違いがあると思います。

毎日頑張れる人であれば必ずしも目的が定まっていなくても留学して良いと思いますし、私が最初に3か月間ロサンゼルスに短期留学をした際は「楽しむ」以外の目的は何もありませんでしたが、それでも問題ありませんでした。

でも、流されやすい人などは留学の目的をしっかり定めておくと良いでしょうね。

 

こちらの記事も併せてどうぞ:
みんななぜ留学するの?だから決めた、留学の7つの目的
留学はしたいけど目的は特にない。そんな時は留学すべきか?

 

そして、留学前の目的に沿って行動できたか、日々確認すると良いでしょう。(ここまでできる人であれば失敗なんかしないのですが、ここまで目的意識をもって行動すること自体が難しいんですよね。。。)

 

約束をする

自分との約束として「こうなったらおしまい」というルールを決めておいても良いでしょう。または、学生さんであれば留学に送り出してくれるご家族と「〇〇を達成しにアメリカに行く!」と約束をしておいても良いでしょう。

ご家族としても、お子様が「アメリカで頑張ってるよ、もう少しで英語が話せるようになるからもう少し居させて」なんて言われるとその通りにしてあげたい気持ちにもなるでしょう。でも、最初に決めた損切ラインはしっかり守るようにしましょう。

 

まとめ

留学中は色んなことがありますが、基本的には留学は楽しいものです。英語以外にも学べることがたくさんありますので、英語だけで留学の成功・失敗を結論づけることはできません。

しかしあなたが帰国後、「留学してたんだ」と言うと必ず「じゃぁ英語ペラペラなんだ?」と聞かれます。その時に「いや、そうでもないよ、大体留学しても英語話せるようになってる人とか少ないし・・・」と言うのも寂しいものがあります。

また、就職活動でも「留学して、何に挑戦して、何ができるようになったの?」と聞かれるでしょう。その時に胸を張って答えることができないのはやはり寂しいと思います。

どうせ留学するなら、充実した留学生活にしましょう。一生の思い出になるような留学にしましょう。胸を張って話ができる留学体験をしましょう。

そのために、この留学失敗の記事があなたのお役に立てるのなら嬉しく思います。

 

この記事もあわせてどうぞ!
あなたはどっち?留学で英語が話せるようになる人ならない人
初心者でも大丈夫!留学で英語力を一気に伸ばす4つの方法

 

無料E-Book:
「絶対に失敗しないアメリカ語学留学」
ブログには書けない、あなたの留学を成功に導く完全ノウハウ

無料E-Bookダウンロードはこちら
ページトップへ
お問合わせ