短期留学でも長期留学でも!目標がやはり大切な理由

留学の目標を立てよう!

皆さんが「留学に行こう!」と決めたきっかけは何だったでしょうか?あまり深く考えずに「とにかく外国に行きたい!」「アメリカに行きたい」と決められた方もいらっしゃると思いますし、「英語が話せるようになるにはどしたらいいだろう?」「学生の内に何か大きなことを経験しておきたい」「キャリアアップを含めて、次のステップについて考えたい」などなど、漠然としたゴールが先にあって、それを達成する為に「留学」の二文字が頭に浮かんできた方もいらっしゃると思います。

あなたがどちらのパターンであれ、留学中の目標を定めておくことは非常に重要だと思います。これまでの人生で、何となく目標のない期間に、何となく毎日が過ぎてしまい、気がついたら時間だけ経っていたということは経験があるのではないでしょうか?また逆に、テスト勉強や部活の大会など、目標があったからこそ頑張れたし、自分の想像以上の結果がついてきたということもあるのではないでしょうか?留学であっても同じことが起こり得ます。留学のように一大イベントであっても、毎日同じ学校に通い、毎日同じクラスメイトと話して、毎日学校から家に真っ直ぐ帰る生活を送っていると、人間の適応力のお蔭で、すぐにそれが当たり前のこととなってしまいます。結果、あれほど楽しみにしていた留学も、終わってみれば「なんかすぐ終わってしまった。。。」ということにもなりかねません。

目標というと、「〇〇大学合格!」「テストで〇〇点取得!」「全国大会出場!」など、大きなものを想像してしまうかも知れませんが、こと留学に関してはもう少し気楽に考えても良いと思います。特に1か月以内の短期留学の方はそうだと思います。それでも、「やりたい事をしっかり定めておく」ことで時間を無駄にすることなく、とても有意義な留学経験を得ることができると思います。

この、「有意義な留学経験」とは、人生を変える様な体験になり得ますので、しっかり準備しましょう!

【目標の立て方】

目標は、留学する目的や期間によって変わってくると思います。目的は人それぞれですので、期間別に代表的な目標を考えてみましょう。

コツとしては、以下の質問を自分に投げかけてみることです。
「この留学中にしかできないことをするとしたら、何をするだろうか?」

<1か月以内の場合>

1か月以内の場合は、何かを体験してみるということろにフォーカスすると良いと思います。留学での体験は何もかも新しい経験のはず。その経験を今後の人生にしっかり活かせる様に、目標を定めていきましょう。これくらいの短期では、「TOEIC〇〇点アップ!」という様な数字の目標でも良いですが、どちらかというと「〇〇をする」「〇〇を体験してみる」「英語の日記を毎日つける」といった、経験やプロセスにフォーカスした方が良いと思います。

・ホームステイ体験:ホストファミリーと一生ものの繋がりを作る、地元の文化を写真や動画を用いて紹介する、アメリカ人家族の生活を体験する、素朴な疑問をぶつけてみる、自分の将来の目標を話して意見をもらう、一緒にショッピングに連れて行ってもらう
・学校、英語:毎日英語で日記を書く、英語でSNSに書き込みをする、知らない単語に出会ったらノートに全てメモしておく、授業で必ず一度は手を挙げて発言する、クラスの外国人留学生と友達になる、学校のアクティビティーには必ず参加する、留学中は日本語を完全に断つ
・その他:ハロウィーンパーティーで忍者になる、別の都市を旅行する、ニューヨークのタイムズスクエアでカウントダウンする、サーフィンを習う、好きなアーティストのライブを見に行く、食べたことのない外国の料理を食べてみる

<3~6か月の場合>

3~6か月というと、長い様であっという間に過ぎてしまいます。特に、2か月目頃からは慣れが出て来て、毎日が「当たり前のことをこなして終わり」ということになりかねません。ですので、ここでは1か月以内の留学の様な体験をベースとした目標と同時に、「成長」というキーワードを入れてみると良いと思います。(英語力の成長、人との交流を通した人間的な成長など)

・学校、英語:毎日英語で日記を書く、外国人の友達をたくさん作る、学校で習ったことはその日のうちに必ず復習する、留学前・中・後に一度ずつTOEICを受験して成長を確認する、「言いたかったけど言えなかったフレーズ」をネイティブに確認しモノにする、新聞・テレビ・ラジオなど現地メディアに積極的に触れる
・その他:Meetupを用いてアメリカ人との交流/もしくはランゲージエクスチェンジに参加する、ボランティア活動をする、面接で話のネタとなる様な体験を考えて実行する、(キリスト教徒でなくても)教会に足を運ぶ、趣味を通じてアメリカ人と交流する(スポーツ、音楽、文化など)

<1年以上の場合>

1年以上の留学の場合は、3~6か月の場合の「成長」というキーワードに、「次に活かす方法」を加えて検討すると良いと思います。具体的には、進学、就職、転職、起業、移住などが挙げられると思います。それらを達成する為の足掛かりを探し、行動していくことが重要です。また、英語に関しては、英語を学び続けるだけでなく「英語を使って」何かを学ぶステップに入ると良いと思います。

・英語:毎日英語で日記を書く、日本語ではなく現地メディアから情報を得る、英語を使って何か新しいスキルを学ぶ、現地人を対象としたスクールに通う
・人生の次のステップに向けた行動:進学したい学校を見つけ、TOEFLなど必要な条件を満たすべく勉強する、現地で働くための準備をする(インターンシップやOPTの参加条件などを調べ、それを満たす)、帰国後の就職・転職活動に向け必要な体験やスキルを習得する、就職・転職・起業に必要な人に出会うべく行動する、アメリカの労働ビザを取得する為に必要な学位などを得る

 

これらの例を参考に、自分なりの目標を考えてみて下さい。また、「やりたい事リスト」を作成しておき、留学中に一つ一つ実践していくことも有意義です。留学期間中は一日一日を無駄にせずに過ごせるよう、しっかり準備をして臨んで下さい。