アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

「英語がまったく話せないけど留学できますか?」という質問へのぶっちの回答

   

ボストンのBack Bay

当ブログは、サポート無料の格安アメリカ語学留学エージェント「留こみ!」代表ぶっちが、留学、アメリカ、英語、人生論などについて綴ったブログです。

 

・・・

みなさんこんにちは、留学カウンセラーのぶっちです。

あなたは「英語が話せないけど、留学したい。。。でも本当に英語が話せない私が留学なんてできるのかな?」って思っていませんか?

実際、このブログを通して「私は英語がまったく話せませんが、こんな私でも留学できますでしょうか?」というお問い合わせをたくさん頂きます。

この質問に対する回答を、私ぶっちなりに回答させて頂きますね。

英語が話せなくて、留学先で困ることとは?

ではまず、英語が話せない段階で留学するとどんな困ったことがあるでしょうか?不安となるポイントはこんなところではないかと思います。

  • 授業についていけない
  • 友達ができない
  • ホストファミリーと話ができない
  • 困った時に助けてもらえない
  • 英語が上達するか不安

これらについて、一つずつ回答してみますね。

英語が話せないと授業についていけない?

まず今回は、「英語がまったく話せない」という前提ですから、大学留学や専門留学は除き、語学学校への留学と仮定します。「大学に留学したいけど英語がまったく話せない」ということであれば「語学学校に行って英語力を上げましょう」ということになりますからね。

語学学校に留学する場合、「現時点での英語力はあまり気にしなくて大丈夫」というのが私からの回答です。理由としては以下の二つがあります。

1.自分のレベルに合ったクラスを受けることができるから

ほとんどの語学学校では入学日に英語力チェックのテストを受けます。このテストは自分の現在の英語レベルを測るものですから、対策は何もしなくて大丈夫です。

テストは学校により、筆記テストだけの場合もありますし、先生との簡単な面談がある場合もあります。

そして、このテストの結果によって入るクラスが決まります。つまり、あなたのレベルに合ったクラスを受けられるということです。

ですから、「授業にまったくついていけない」ということは無いので安心して大丈夫でしょう。

2.クラスメイトも自分と同じくらいのレベルだから

「とは言っても、私英語はほんっと分かんないんです」という返事が返ってきそうですが、その場合も大丈夫です。クラスメイトもあなたと同じくらいの英語力の方たちだからです。

そもそも日本人で中学校を卒業した人であれば、「This is a pen.」とか「She is my mother.」とかは分かると思います。ということは、「英語がまったく分からない」わけではないですよね。

実際、語学学校の初級のクラスではこれくらいのレベルから授業をやってもらえると思います。というのは、日本以外の国では、学校で英語を習う機会がまったくない国の人達もいますからね。「This is a pen.」が分かるだけで、ある意味アドバンテージかも知れません。

英語が話せないと友達ができない?

これも大きな不安要素ですよね。そもそも見知らぬ国に一人で行くわけですから、友達ができないというのは恐怖だと思います。

でも、これもあまり心配する必要はないと思います。

なぜなら、先ほども書いたようにクラスメイトはあなたと同じくらいの英語力ですし、クラスメイトも異国の地から留学先に来て不安で仕方ないのです。友達が作りたくて仕方ないのです。

そんな人同士で話す機会があれば、すぐに友達になれますよ。

幸い、語学学校ではグループワークやロールプレイをたくさんします。Aさんが店員さん、Bさんがお客さんの役目をして話をしたりとか、そういう感じですね。

そうしてクラスメイトと話す機会はいくらでもありますから、授業後にあいさつでもして、「グループワークのメンバーで一緒にランチに行こう」なんてお話をすればすぐに友達は出来ると思います。

英語が話せないと会話が成り立たない?

これも心配かも知れませんが、何とかなるものです。初級クラスの人は、みなさん間違いだらけの英語で話をしていますが、何とかなるものです。私が留学した時も、今考えるとよく会話ができたな・・・という感じの会話をしていましたね。

単語が分からない時は辞書を使って見せたり、相手が中国人や韓国人であれば漢字を書いて見せたりもしていました。

もちろんみんな英語力には限りがありますし、海外の人の訛りはかなり聞き取りにくいので会話が成り立たない場合もありますが(笑)、それでも通じた時は「おぉっ、私のこんなムチャクチャな英語でも通じた!」というのは結構面白いものですよ。

(ムチャクチャな英語をアメリカ人に話してもあまり通じませんが、語学学校のクラスメイトとお互いムチャクチャな英語を話しているとなぜか通じてしまうのは面白いものです(笑))

英語が話せないとホストファミリーと話ができない?

これも中々の恐怖でしょう。そもそもホームステイは留学直前までどんなホストファミリーになるのかが分かりません。子供や犬のいる大家族になるのか、忙しいシングルマザーの家庭になるのかも分かりません。ですから、想像つかないですよね。

それでも考えれば考えるほど、どうしても会話の弾まない食卓、そして沈黙・・・なんてことを想像してしまいます。

また、日本人は見知らぬ人と気軽に話をするという文化がないため、英語うんぬんの前に「そもそも何を話せばいいやら・・・」と悩んでしまうこともあるようです。

でも、ホームステイを選ぶということは、ホストファミリーとのコミュニケーションをしたいということですよね。であれば、辞書片手に会話をするなり、スマホで日本の写真や動画を見せるなりして、頑張ってコミュニケーションを図ってみましょう。

こちらもご参考にどうぞ:「【ホームステイ】英語が話せなくても、もうこれで悩まない!

でもそれでも厳しそうだということであれば、寮を選ぶのもありかも知れませんね。寮のシングルルームを選べば、帰宅後はゆっくり過ごしたり、自分のペースで英語学習ができると思います。

英語が話せないと困った時に助けてもらえない?

そもそも海外に留学するということは、文化も風習も言語も違う国に一人で行って生活するということです。だから、簡単なはずはないんですよね。

そんな時に英語がまったく話せない私はどうなっちゃうんだろう?と心配してしまうかも知れません。

でも、基本的には語学学校ならどこの学校でもほぼ必ず日本人がいます。そして、日本人は初級~中級クラスに多い傾向があるので、きっとクラスの中にも1人や2人は日本人がいると思います。

あなたより先に留学生活を始めた日本人がいればきっと色んなことを教えてくれると思いますから、分からないことは聞いてみましょう。スタッフに聞かないと分からないことも、自分より英語の得意な日本人に助けてもらいながら聞いても良いかも知れませんね。

でも、もちろん日本人ばかりと一緒にいては英語は上達しないことは忘れないで下さいね。

それから、ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイといった日本人の多い街には、日本人スタッフがいる語学学校もあります。不安が強い場合は、最初からそういう学校を選ぶのも一つの手だと思います。

英語がまったく分からない私でも上達するか不安?

これも生徒さんからよく相談を頂くことの一つです。「こんなにまったく分からないのに、アメリカに行って本当に英語が上達するの?」ということですね。

これはいくつかの要素によって異なると思います。

1.留学期間

留学期間がある程度の長さであれば、ちゃんと勉強すればしっかり上達すると思います。でも、1~2週間の留学であれば、効果を実感するまでには至らないかも知れません。

では1~2週間の留学をする意味はあるの?と思ってしまうかも知れませんが、海外を体験すること、海外の友達を作ること、旅行よりも少し深くその国を知ること、日常を離れて今後の自分について考える時間を持つことなど、色々とあると思います。

こちらの記事も併せてどうぞ:「留学するか悩んでるあなたへ!僕が留学を勧める7つの理由

2.英語が話せない理由は勉強してこなかったから?

あなたが本当に英語が苦手であるなら、なぜそこまで苦手なのかを知ることも重要だと思います。

例えば、「これまでまったく英語を勉強しなかったから」というのであれば、英語がそもそも好きではないのかも知れません。英語を好きになれなければ留学しても英語があまり伸びることはないでしょう。

また、「英語は勉強してきたけど学校の勉強となるとどうも苦手で・・・」という人もいるでしょう。こういう方は、留学でこれまでとはまったく違ったアプローチで勉強することで、一気に英語力が伸びるかも知れません。

3.積極性

積極性と英語の上達には強い関係があると思います。つまり、「間違った英語でもいいからどんどん話してみよう」と思えるか、「私はまだ無理だから話せるようになったら話そう」と考えるかで、どれくらい英語が上達するかは非常に大きな差が出ると思います。

上達するのはもちろん、どんどん積極的に話していける人ですね。

こちらの記事も併せてどうぞ:「あなたはどっち?留学で英語が話せるようになる人ならない人

英語が話せないことを、留学しない理由にしてはいけない

可能であれば、多少は英語は話せた方が留学中もより楽しめると思いますし、上達も早いと思います。

でも、そう言って何年も過ぎていませんか?「いつか英語がある程度は話せるようになって、それから留学しよう」と言いながらズルズルと時間だけ過ぎていませんか?

本当に英語を話せるようになりたいと思ったら、やっぱりどこかの時点で一度集中して取り組む必要があると思います。だから、もしそのタイミングが来ているのであれば、ぜひ行動して欲しいなと思います。

時間的にも、金銭的にも、英語力的にも、その他もろもろの条件がぜ~んぶ整って「さぁ留学!」ということは中々難しいと思います。みなさん忙しいですからね。

だから、チャンスが来たら、例えどれかが欠けていても、そしてそれが英語力であったとしても、ぜひ飛び込んでみて欲しいなと思います。

こちらの記事も併せてどうぞ:「英語話せないけど留学したい!日本で勉強してからにすべき?

まとめ:英語が話せないから留学をやめるのではなく、英語が話せないからこそ留学しよう。

留学するということは不安がつきまといます。でもこれは、英語がペラペラでもない限り、みんな不安だと思います。英語がペラペラの人は語学留学ではなく交換留学や現地の大学に留学するでしょうから、それはそれで不安だと思います。

だから、不安にフォーカスするのではなく、ぜひ海外で楽しんでいる自分、英語が上達した自分、留学を通してなりたい自分になれた自分を想像して、最初の一歩を踏み出してみて欲しいと思います。

勇気を出して、頑張ってくださいね!

こちらの記事も併せてどうぞ!
英語が不安で留学が怖い?そんなあなたに贈る魔法の言葉
たったこれだけ!英語が話せないあなたが留学前にすべきこと

 

 - 留学アドバイス