アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

かなり危険!?マイアミの治安、気をつけるべき5つの場所

      2016/03/16

留こみ!は治安情報に精通したスタッフが、皆さまに安全かつ安心な留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いをさせていただいています。

 

・・・

こんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

先日書いた【アメリカ留学】治安の良い留学先都市ランキングという記事で、マイアミの治安はアメリカの主要29都市中22位という微妙な位置でした。

その次の23位はボルチモアで、【アメリカ留学】治安悪し!危険な留学先都市ランキングではボルチモアはワースト7位でしたので、それとあまり変わりのないマイアミは治安悪い?と心配になってしまいます。

というわけで、イメージだけではなくしっかり治安の悪い場所を知り、対策を取る必要がありますので、この記事でマイアミの治安についてしっかりお伝えしていきたいと思います。

マイアミの犯罪発生状況は?

まずはマイアミの犯罪発生状況とその内訳を把握しましょう。http://www.areavibes.com/miami-fl/crime/

miami stats
一番右の列は全米の都市の10万人当たりの平均犯罪件数、右から二列目はフロリダ州、三列目はマイアミの件数です。四列目は総件数ですが、総件数だけでは人口規模の違う都市と比較することはできませんので、見る必要はありません。

項目は上から、以下の通りです。

Total Crime: 犯罪合計件数
Murder: 殺人
Rape: レイプ
Robbery: 強盗
Assault: 傷害
Violent crime: 暴力犯罪合計
Burglary: 侵入盗
Theft: 泥棒
Vehicle theft: 車両盗難
Property crime: 窃盗犯罪合計

これを見ると、まず合計犯罪件数が全米平均の2倍であることに驚きます。その内訳を見ると、

Murder(殺人)、Robbery(強盗)、Assault(傷害)といった暴力犯罪も多いですし、Theft(泥棒)、Vehicle theft(車両盗難)といった窃盗犯罪も多いようです。

危険な香りがしてきましたね。。。

マイアミのエリア別犯罪マップ

では実際に、マイアミのどの地域が危険なのかを地図で見てみましょう。濃い青色の部分は犯罪件数の少ない地域、逆に色の薄い部分は犯罪件数の多い地域です。http://www.neighborhoodscout.com/fl/miami/crime/

miami crime mapダウンタウンから北側で犯罪が多発しているようです。

しかし実際は、マイアミと言っても観光で行くのはマイアミ市ではなく、その近隣の街であったりします。というわけで、まずは代表的な観光スポットであるマイアミ・ビーチ市の様子も見てみましょう。

miami beach crime map観光客が一番集まるビーチ沿岸では、犯罪がいくらか発生しているようですね。

続いてはコーラルゲーブルズ市。

coral gables crime mapここは一部の地域を除いて安全なようです。

ということで、マイアミ市だけでなく、人気観光スポットであるマイアミ・ビーチ市でも犯罪に遭う可能性があるということが分かりましたので、もう少し詳細に見ていきましょう。

マイアミの危険な場所はここ

マイアミ全体が本当に危険な地域だらけであれば、ここまで観光都市として賑わうこともないでしょう。つまり、気をつけるべきエリアだけしっかり押さえておけば、安全に観光することができるはずです。

ということで、次は危険なエリアの詳細を、この記事をもとに紹介いたします。http://news.travel.aol.com/2010/08/16/safe-and-dangerous-places-in-miami/

1.Overtown(オーヴァータウン):

ダウンタウン・マイアミの北西部に位置します。とても危険なエリアとして知られており、その犯罪率の高さから地元民も避ける場所です。住民も貧困層が多く住んでいます。

では具体的にどんな犯罪が起きているのかを見てみましょう。このサイトを使って地図で確認してみます。http://www.spotcrime.com/#overtown%2C%20miami%2C%20fl

miami overtownAssault(傷害)とTheft(泥棒)が発生しているようですね。

2.Liberty City(リバティーシティー):

オーヴァータウンの北側に位置します。人通りの少ない場所ですので、道に迷ったりすると怖く感じるでしょう。ギャングとドラッグの問題のある街でもあります。銃犯罪が起きることもありますし、街はゴミなどで荒れています。

miami liberty cityここでもAssault(傷害)とTheft(泥棒)が多いようです。「?」マークをクリックして内容を確認してみると、Miscellaneous(軽犯罪)が多いようです。

3.Opa-locka(オーパロッカ):

この地域は傷害、強盗、ギャングの抗争などが多いエリアですが、銃犯罪も発生しています。犯罪率は上昇を続けており、全米でも有数の治安の悪い場所になってしまっています。貧困、ドラッグ、犯罪が蔓延していますので、近づかないようにしましょう。

miami opa lockaこのエリアでもAssault(傷害)とTheft(泥棒)が多いようです。

4.Biscayne Boulevard(ビスケーン大通り):

この通りのいくつかのエリア、36thストリートから北、特に79thストリート辺りは危険です。売春やドラッグが広まっており、中毒患者センターや更生施設などもありますし、ホームレスも多いです。この通りをダウンタウンより北には行かないようにしましょう。

miami Biscayne BoulevardこのエリアではAssault(傷害)とTheft(泥棒)に加え、Burglary(侵入盗)やVandalism(公共物破壊)なども多いようです。

5.Downtown(ダウンタウン):

ダウンタウンは昼間は賑わっていますが、夜は人通りも少なく危険になりますので、歩き回ることはやめましょう。

miami downtownAssault(傷害)とTheft(泥棒)がやはり多いようですね。

ではこの5つの場所がどの辺りか、地図でまとめてみます。

miami mapダウンタウン・マイアミの北側の外れに危険なエリアが多いことがお分かりいただけると思います。

基本的に、ダウンタウン以外の4つのエリアは観光で行くこともないと思いますので、間違って行かないように気をつけていただければ大丈夫です。ダウンタウンに行く場合は、なるべく昼間の明るい内に行きましょう。

これでマイアミの危険なエリアが分かりましたね。危険なエリアも、上に載せたデータではShooting(銃犯罪)がなかったのは、少しだけ安心材料だったのではないかと思います。

マイアミでの日本人の犯罪被害

マイアミでの日本人の犯罪被害に関しては、在マイアミ日本国総領事館のホームページに詳しく記載がありますので、そちらを引用させていただきます。

邦人被害の多くは、車上狙い、置引き、スリ、空き巣等の盗難被害です。被害場所は、オーランド、マイアミビーチ、マイアミ市街地(ダウンタウン)などのテーマ・パーク、繁華街、ショッピング・モール、空港等、主に不特定多数が集まる場所で発生しています。

<強盗>

  • マイアミ市内のダウンタウンを走るメトロムーバー(無人モノレール)の車内において、男性2名と乗り合わせた際、同2人からいきなり頭部を殴られ、現金、旅券、免許証等在中のバッグを強奪された
  • 早朝、マイアミ・ビーチのリンカーン・ロードを夫婦で歩いていたところ、自転車に乗った黒人の男にいきなりけん銃を突き付けられ、現金等の入ったショルダーバッグを強奪された
  • 深夜、マイアミ・ビーチのワシントン通りを一人で歩いていた際、2人組の男に声をかけられ、脇道に入った途端、背後から首を絞められて携帯電話、財布等を強奪された
  • ノース・ベイ・ビレッジの自宅に、仕事を終えて帰宅したところ、自宅駐車場において男にけん銃を突きつけられ、現金、旅券等在中のショルダーバッグを強奪された
  • ノース・マイアミに所在するアパートの部屋に1人で居たところ、ドアをノックされたため開けた途端、いきなり拳銃を突きつけられた。その後、数名の男が部屋に押し入ってきて、現金、旅券、パソコン等を強奪された

<窃盗>

  • マイアミ市内リトルハイチ地区のガソリンスタンドに立ち寄った際、給油後、買い物をしている間に、車内に置いてあったカバンを盗まれた
  • マイアミ・ビーチの砂浜において、3~4分間目を離した隙に、置いていた現金、旅券等在中のカバンを盗まれた
  • フォート・ローダーデールのショッピングセンターにおいて、ショッピング・カートに入れていた現金、旅券、クレジットカード等在中のカバンを盗まれた
  • マイアミ・ビーチのレストランで食事中、椅子に掛けていたハンドバッグを盗まれた
  • キーウエストにおいて、車両を駐車中に窓ガラスを破壊され、車内に置いていたバッグを盗まれた
  • マイアミ・ビーチのナイト・クラブで踊っていたところ、帰り際に肩に掛けていたポーチのファスナーが開いていることに気付き確認すると、現金とパスポートを盗まれていた

強盗の場合はいくつか拳銃を突きつけられたという例があるので、こういう場合は一切抵抗しないように気をつけましょう。

窃盗は、貴重品を持ち歩かないことと車の中にモノを置いて離れないことを気をつけるだけで、多くの場合未然に防ぐことができますので、ぜひ注意していただきたいと思います。

まとめ

マイアミは海の美しいビーチリゾートであり、一度行けば虜になるような魅力を持った街です。しかし一方で、必ずしも治安が良い街とは言えないことがお分かりいただけたと思います。

だからといって、「マイアミ旅行はやめよう」という決断をする必要はないと思います。

犯罪はスキのあるところにつけいってきますので、大金を持ち歩かない、盗られにくいようにバッグを身にまとう、夜一人で歩かない、車の中にモノを残したまま離れない、このページに記載されている危険なエリアには行かない、ということを守るだけで十分に身を守ることができると思います。

犯罪率が高いとはいえ、まだまだ世界各地の観光客を惹きつける街です。それは、危険に対する対策をしっかり取れば安心して楽しめる街であることを意味します。

ぜひしっかりと対策をして、マイアミの美しい街を楽しんでいただきたいと思います。

 

 - アメリカ情報