アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

楽しすぎる!Language Systems Internationalで最高のLA留学!

      2016/04/04

language systems international

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

これまで私はアメリカのたくさんの語学学校を訪問し、直接インタビューをして来ました。

そんな中から今回は、ロサンゼルスにあるLanguage Systems International(ランゲージシステムズインターナショナル)でのインタビューの様子をお伝えしたいと思います!

このページで分かるのは、Language Systems Internationalは:

  • 毎日3人の先生の授業を受けることができる!
  • 4キャンパス合同の学校新聞作りやアクティビティーがあって楽しめる!
  • 学校全体の雰囲気がとーってもいい!(3番目の動画を見れば分かります!笑)

ということです。
それではインタビューを見ていきましょう!動画とテキストのお好きな方をご覧くださいね。

Language Systems Internationalのクラスはコミュニケーションの場がいっぱい!

――自己紹介をお願いします。

プログラム・コーディネーターのリージャ・アンダーソンです。

――クラスはどんな感じですか?

我々のクラスは会話を中心にしています。当校の素晴らしい点は、毎日3科目のクラスを3人の先生から受けられる点で、文法やリーディングのクラスでも生徒さんは話すことを求められています。

例えば文法のクラスで、「主語はここで動詞はここで・・・」というようなルールを学ぶだけではなく、それらの習ったことをスピーキングやライティングで使いこなせるようになってもらいたいと思っています。だから、ルールを覚えるだけという感じではないですね。

リーディングクラスのボキャブラリーでも同じです。クラスも4人から大きくても15人くらいと、そんなには大きくないですし、これくらいだと生徒と先生のコミュニケーションが多くていい感じです。

この二つが特徴だと思います。

――まだあまり話せない人でも会話中心のクラスで大丈夫ですか?

先生のトレーニングの一環として、いかに生徒さんに自然体になってもらうかということを学びます。リラックスしていないと勉強に集中できないですからね。

授業では、生徒さんにできるだけたくさんのことを学んで欲しいと思っています。生徒さんがシャイだったり遠慮がちだったりしても、「あの子はシャイだから」という風に放っておかず、話せるように背中を押してあげます。

生徒さんが話せないのは単語や文章やフレーズが分からないからではなく、シャイだったり「間違えたくない」という気持ちのせいだったりします。でも、ここに来るのは学ぶためですからね。それを生徒さんにもしっかり伝えています。

心配しなくても、質問をしたりグループワークをしたりする内に、皆さん学校に来た頃に比べて帰国する頃にはシャイでなくなっているものですよ!

――クラスはいくつのレベルに分かれていますか?

ESLプログラムは7つのレベルに分かれています。どのレベルでも毎日、3人の先生と3つのクラスを受けることになります。

――先生方のバックグラウンドは?

色んなバックグラウンドをもった先生がいますが、大抵は英語専攻で、他には歴史や演劇を専攻した先生も何人かいます。ほとんどの先生は海外で英語を教えた経験があります。TESOLの修士号を持っている先生もいますし、先生選びにはうるさいですよ(笑)。

それは高いレベルを維持するために必要なことなのです。

――英語オンリーポリシーはありますか?

ありますよ!初級の生徒さんは好きではないかも知れませんけどね。母国語を使わずコミュニケーションをすることの難しさは、我々もよく分かっています。だからレベル1や2の生徒さんが隣の席の人と何か小声で確認したりするのは見なかったフリもしますけどね。

でも、クラスでのポリシーとしては英語オンリーで、なるべく生徒さんに無理がないように我々も気を遣っています。

クラスの外で、例えばビザやI-20、支払いなどの話を母国語でしたい時は、当校にいる各国のスチューデントアドバイザーが母国語で対応しますから安心してもらって大丈夫です。

でもクラスの中では、英語だけですよ!

Language Systems Internationalでの留学生活は盛り沢山!


――プライベートレッスンもあるのですか?

ありますよ。もし何か特定のことを学びたいならプライベートレッスンはとても良いと思います。

ただ、生徒さんが各種コースに申し込みをする前に私はよく相談に乗るのですが、「今はプライベートレッスンよりもグループレッスンに集中して、その後まだ必要だと感じた時に受けると良いですよ」とアドバイスすることもあります。

それでも特定の何かで手助けが必要な場合、例えば母国に帰ってから英語で大切な面接を受けるなどの場合、こういう時はプライベートレッスンがとても役に立ちますね。先生とマンツーマンで、必要なスキルを学べますからね。

テスト準備コースでも同じです。まずはグループレッスンが一番大切なのに変わりはありませんよ。

――生徒さんの作る学校新聞について教えて下さい。

昔は各キャンパスごとにニュースレターを作っていましたが、他のキャンパスはどんなところか知りたいという生徒さんの声もありましたので、4つのキャンパスで一緒に1つのニュースレターを作ることにしました。

それぞれのキャンパスから記事を集めて、学校で一つにまとめます。生徒さんは記事を書くことに集中できて良いですよ。

例えば今度行うビーチパーティーについて書いたり(今年は勝たなきゃ!)、ビーチパーティーで行うバレーボール大会について書く生徒さんもきっといるでしょう。

だから、みんなが参加することになるので、とても楽しいですよ。読みたくもなりますしね。ニュースレターはウェブサイトでも読めますよ。うん、楽しいですよ!

――生徒さんの通常の一日はどんな感じですか?

朝、昼、夜とクラスがありますので、どのコースかによりますね。例えば朝のクラスを取る生徒さんですと、9時から12時36分まで学校に来て、3つのクラスとその合間の2回の休憩があります。

休憩中は生徒同士でみなさん楽しそうにしていますね。コーヒーを飲んだりする生徒さんもいますし、授業の後は皆さん外へ出かけて一緒に昼食や夕食を食べているようです。この辺りは色んな文化が混ざった場所ですから、今日は韓国料理、今日はブラジル料理を食べてみよう!という感じですね。

あと、この辺りは学校周辺で色んなことができて良いと思います。長期的には、どんどん上のレベルまで勉強したり、大学に進学して勉強を続けるのも良いと思います。

――学校ではどんなアクティビティーが行われますか?

我々は本当にたくさんのアクティビティーがありますよ。キャンパスが4つありますから、一緒にイベントをやることもあります。

例えばビーチバレーボール、バスケットボール大会、サマーパーティー、年末パーティー、他にも何かあったかな・・・そう、サッカー大会!これらは全部、4キャンパス合同でやります。他のキャンパスの生徒や先生との出会いもあって、楽しいですよ。

他にも、各キャンパスでのイベントもあります。例えば今月はサンタバーバラ旅行に先生達と行きましたし、先週はドジャーズの試合を見に行きました。

先生達との交流があるので楽しいですよ。生徒さん達もその方が良いと言ってくれます。本当に、いつも何かしらのイベントがあって楽しいですよ!

Language Systems Internationalはとっても楽しい雰囲気!

3:49~4:37は必見です(笑)

――大学との提携はありますか?

大学との提携はとても大切にしていて、生徒さんも気に入ってくれています。TOEFL受験なしで当校から大学へ進学できますからね。もちろん、TOEFL受験を嫌がらない生徒さんもいますし、当校にも素晴らしいTOEFL受験準備クラスがあります。でも、TOEFL無しで行くという選択肢もあります。

例えばサンタモニカ・カレッジに行きたいとしたら、レベル6を修了すればTOEFL無しで行くことができます。

*サンタモニカカレッジに関しては次の記事ももご参照ください。
卒業生が教える、どこよりも詳しいサンタモニカカレッジ情報
私がSanta Monica Collegeを選んだ3つの理由
卒業生が語る、サンタモニカカレッジの評判とその真実

その他、サンタモニカ・カレッジ以外にも沢山の提携大学があります。グレンデールコミュニティー・カレッジやパサデナシティー・カレッジなど、提携校のリストは当校のウェブサイトに載っています。

レベル7を修了すれば、ニューヨークフィルムアカデミーやザ・ウェスト大学に行けたり、生徒さんにはとても嬉しい制度だと思います。

――他に学校のユニークな点は何かありますか?

学校の雰囲気がとても素晴らしいことでしょう。生徒さんは本当に楽しんでくれていますし、卒業後や帰国前に感謝の言葉を伝えに来てくれる生徒さんがいたりして、本当に嬉しいです。

いつも、「LSIの何が良かった?」と聞くのですが、みんな「全部!」と言ってくれます。「家みたいだった」「助けが必要な時はいつも助けてもらえた」「友達もたくさんできた」などとも言ってくれます。

質の高い教育や先生だけでなく、こういう学校の雰囲気というのはとても大切だと思います。

――Language Systems Internationalに行こうと考えている皆さんにアドバイスをお願いします。

まずは入学やI-20などについて、ウェブサイトを見てみて下さい。それから質問があれば何でも、入学前でもいつでもメールをして下さい。皆さんにお会いできるのを楽しみにしていますし、学校にも是非一度来てみて欲しいですね。

ここで習ったことは、きっと皆さんの役に立つと信じています。TOEFL、TOEIC、GRE、GMAT受験準備コースや、ビジネス英語や会話コースなども用意されています。どんな質問でも気楽に聞いて下さいね。

もう一度、私はプログラムコーディネーターのリージャです。是非お会いしましょう!アリガトウゴザイマス!

 

インタビュー後の感想

3番目の動画は見ていただけましたでしょうか?見ていない方は必見です!(笑)

実はLanguage Systems Internationalは私も以前通っていた学校です。当時リージャさんは先生で、彼女のクラスは受けたことは残念ながらありませんが、楽しそうだなぁと思っていました(笑)。でも他の先生も負けず劣らず楽しい学校でしたよ。

インタビューを終えて、私が通ってた頃の楽しい雰囲気が今も変わらず残っているんだな~と思い、とっても嬉しく思いました!授業料も安く、オススメの学校ですよ!

 

 

 

 

 - ロサンゼルス留学