アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

これでバッチリ!アメリカでのチップの相場と払い方

      2016/03/18

留こみ!はアメリカに精通したスタッフが、現地の生活情報から大学進学まで幅広い留学情報の提供と語学学校選びのお手伝いさせていただいています。

 

・・・

みなさんこんにちは、アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

今日は、日本人にはどうも馴染みにくい、チップに関してお話したいと思います。

アメリカに初めて行かれる方は、「この場合は払うの?」「いくら払うのが普通なの?」「たったこれだけのサービスでも払うの?」「どうやって払うの?」と質問が次から次へと湧き出てくると思います。

そして、サービスを受けても素知らぬ顔でチップを払わずにその場を去ると、「常識がない人だ」と日本人の評判を落としてしまいかねません。

そうならないためにも、今日はアメリカでのチップに関するあれこれについて、分かりやすく説明したいと思います。

チップの支払いが必要な場所

まず、チップはどのような場面で払う必要があるのでしょうか?

基本的には、人に何かをしてもらう場合はすべてチップが必要と考えましょう。具体的には次のような場所です。

  • レストラン
  • タクシー
  • ヘア/ネイルサロン、エステ
  • ホテル(ルームサービス、ベルボーイ、ルームクリーニング)
  • バー
  • 洗車場
  • バレーパーキング(Valet Parking、レストランやホテルの入り口に車を乗りつけて、駐車と出庫は係の人がしてくれるサービス)詳細は「バレーパーキングとは?知らなきゃ恥かく、海外での駐車方法」をご参照ください。

その他色々な場合が考えられますが、何かしてもらったらチップ、と覚えておきましょう。

チップの支払いが必要ない場所

逆に、チップが必要ない場所は次のような場所です。

  • スーパーマーケット
  • ガソリンスタンド
  • セルフサービスのレストランやカフェ
  • レストランでのテイクアウト

チップの額と支払い方

では、チップを払う場面ではどれくらいの額を払えば良いでしょうか?サービスにより相場が色々ありますが、「分からなくなったら代金の15%」と覚えておけば大抵の場合は問題ありません。

各項目に関しては、このサイトに分かりやすいチャートが載っていましたので、紹介させていただきます。

us tipping chart

バー:バーやナイトクラブでは飲み物をオーダーするたびにその都度支払いをしますので、そこでドリンク毎に$1払いましょう。みんなの分をまとめて注文する際は、$5程まとめて払う形でも大丈夫です。

ホテルのベルボーイ:かばん一つにつき$1~5(安いホテルの場合は$1、高級ホテルなら$5)を払いましょう。

ホテルのコンシェルジュ:チケットを取ってもらうなどのサービスをしてもらった際には、$5以上払いましょう。

ホテルのドアマン:タクシーをつかまえてもらったら、$1~2払いましょう。

ホテルのルームクリーニング:一夜につき$1~3、枕元に置いておきましょう。毎日払っても、最後の日にまとめて払ってもOKです。

ホテルのルームサービス:運んで来てくれたスタッフに$1~2払いましょう。

空港や駅のポーター:荷物を運んでもらったら、一つにつき$1払いましょう。

タクシー:運賃の$15~20%払い、小数点は切り上げましょう。

ツアーガイド:ツアー代金の10%を払いましょう。

バレーパーキング:駐車の時は車を預けるだけで、出庫の際に$1~2払いましょう。

レストランのウェイター:食事代の15~20%、高級レストランでは20%払いましょう。

トイレ:高級ホテルやレストランでは、手を洗った後に係の人がタオルを差し出してくれたりします。その場合は$1前後払いましょう。

クローク:コートなどを預けた際、$1~2払いましょう。預ける際に料金が掛かるようでしたらチップは必要ありません。

レストランでのチップの払い方

レストランでのチップの払い方は慣れないと分かりにくいと思いますので、場面ごとに分けて説明します。

ケース1:現金での支払いで、ちょうどよい現金がある場合

食事代にチップ分を上乗せし、机の上に置いて「Thank you.」と言って店を出ればOKです。

ケース2:現金での支払いで、ちょうどよい現金がない場合

まず食事代を払い、お釣りをもらってからチップの分を机の上に置いて店を出ましょう。$1札がない場合は、「Could I get change with one dollar bills?(お釣りは$1札でもらえますか?)」と聞きましょう。

ケース3:クレジットカードで支払う場合

クレジットカードの場合、お勘定の紙の食事代の下に「Tip」という欄と「Total」という欄があります。$20の食事に$3のチップを払う場合は、「Tip」の欄に$3.00と、「Total」の欄に$23.00と記入してサインしましょう。

ケース4:クレジットカードで食事代を払い、チップは現金で払う場合

ケース3のTipの欄に0と書き、Totalの欄に食事代の金額だけ書きましょう。会計が終わってレシートをもらったら、チップだけテーブルの上において店を出ればOKです。

ケース5:チップがすでに含まれている場合

レストランによっては、15~20%のチップがすでに含まれてることがあり、その場合は「Tips included」もしくは「Gratuity included」と記載されています。Gratuity(グラチュイティー)というのもチップのことです。この場合は、記載された金額をそのまま支払いましょう。その上にさらに付け加えてチップを払う必要はありません。

タクシーでのチップの払い方

タクシーでもチップの支払い方はレストランと基本的には同じです。

現金で支払う場合は、例えば$20の場合はチップ15%程を乗せて、$23程度支払いましょう。もしちょうど現金がなく、$30しかない場合は$30支払い、「Give me 7 dollars, please.(お釣りは7ドル下さい)」と言いましょう。お釣りをすべてチップとして払う場合は、「Keep the change.」と言えば大丈夫です。

クレジットカードでの支払い方はレストランと同じです。

ただ、最近は後部座席のモニターで支払うこともあり、チップはいくらにしますか?と表示されます。それがまた、15%というちょうど良い選択肢がなく、20%、30%、Other(その他)などとなっています。

20%か30%払いたくない場合は、Otherを選んで特定のパーセンテージを入力しましょう。

 

チップの支払いに関して気をつけるべきこと

ここまで読んでもらえれば感じた方もいらっしゃるかも知れませんが、色んな場面でチップを支払いますので、細かいお金が必要になってきます。しかも、チップは基本的にはお札でするものですので、$1札がたくさん必要になります。

クレジットカードで払える場所は大丈夫ですが、ホテルでは$1札を枕元に置いたりするなど、やはり$1札は重宝します。

ですので、渡米前に両替する際には$1札をたくさんもらうようにしましょう。また、普段の買い物も大きなお札ををメインに使い、$1札を確保しておくようにしましょう。

もう一つは、アメリカのレストランでは、ウエイター/ウエイトレスは自分のテーブル担当の人がはっきりと決まっているということです。つまり、何か用がある時は自分のテーブル担当の人に声を掛ける必要があり、他の人にお願いしても「担当者を呼んできますね」としか言われません。

これはなぜかというと、テーブルごとの担当者を決めることで、お客さんの払うチップが誰のサービスに対するものかを明確にすることができるからです。

自分の担当者がなかなかテーブルに来てくれない!という不満を持つこともあるでしょうが、そういうシステムになっていますので、気長に待ちましょう。

まとめ

チップに馴染みのない日本人にはなかなか難しく感じるかも知れませんが、基本的にはこの記事でお伝えした方法で払えば大丈夫です。もしこの記事で読んだことをすべて忘れてしまったら、基本的には代金の15%、その他の小さなサービスは$1以上と考えておけば大恥をかくことはないでしょう。

チップの習慣は世界各国にありますが、それぞれ国ごとに違いがあります。アメリカのチップに関しては、この記事がみなさんのお役に立てれば嬉しく思います。

次の記事は:「チップなんてもったいない!そんな君がアメリカで生きる道

 

 - アメリカ情報