アメリカ留学で英語力と豊かな人生を手に入れるブログ

アメリカ格安語学留学サイト「留こみ!」のブログです。アメリカに留学したい人、するべきか悩んでる人、不安な人、迷ってる人に向けて、役立つ情報を発信しています!

人間的に成長したいあなたに、僕が留学をおすすめする理由

      2016/04/07

当ブログは、サポート無料の格安アメリカ語学留学エージェント「留こみ!」代表ぶっちが、留学、アメリカ、英語、人生論などについて綴ったブログです。

 

・・・

皆さんこんにちは。アメリカ留学カウンセラーのぶっちです。

今回は「私自身のアメリカ留学体験をもとに、留学をお勧めする理由」のシリーズ最終回です。

前回は「世界を知るとあなたがキラキラと輝きだす、シンプルな理由 」というタイトルで、留学を通して世界を体験することで自分の価値観に気づき、より自分らしい生き方ができる、そしてそんな輝く個性が求められているというお話をさせて頂きました。

今回は最終回として、留学があなたにもたらす成長についてお話したいと思います。

まず、成長とは?

まず、成長とは何でしょうか?成長を辞書で引くと、このように書いてあります。

1 人や動植物が育って大きくなること。おとなになること。「子供が―する」「ひなが―する」「経験が人を―させる」

2 物事の規模が大きくなること。拡大。「事業が―する」「経済の高度―」

でも、もう大人になってるし、拡大と言われてもなんかピンとこない。「仕事を通して成長」というような言い方をよく聞くけれど、「成長ってどういう意味?」というのが長らく私にはピンときませんでした。

一般的に言われるような、「できなかったことができるようになった」というのは成長とは少し違うと思っていたのです。なぜなら、パソコンが使えなかった頃の私と比べてパソコンが使えるようになったことで成長したとは思いませんし、車が運転できるようになったことも、料理ができるようになったことも成長をもたらしたとは思いません。

このように、これまで「成長って何?」とずっと考えていたのですが、本を読んだり経験を積んでいく中で考えた成長の定義は、「できるか分からないような未知の世界に挑戦し、その不安を受け止め、自分のキャパシティーを大きくすること」。

やってみなければできるか現時点では分からないことに挑戦するということが大事なのではないかと考えています。

海外留学はあなたを人間的に成長させる

その意味で、海外留学はとても人を成長させると思います。

私の場合はそうでした。アメリカに行った時は英語も話せませんでしたし、いつか外国人と友達になったり仕事をしたりなんていう自分の姿はまったく想像すらすることができませんでした。

でも、想像すらすることができなかった世界が現実になりました。これはつまり、自分の世界が広がり、キャパシティーが広がったということ。これこそが成長だと思います。

私が留学で一番成長したと思うこと

私が一番成長を実感できたのは、目標としていたUCLAという大学への編入に合格した時と、卒業した時でした。

もともと私は「アメリカの大学は大変らしいし、そもそも英語話せないし、絶対無理」と思っていました。でもそれが「留学先での一つの出会いが私の人生を変えた」で書いた通り、挑戦している人に出会い、刺激を受けたことで自分もやってみようと思うようになりました。

しかしそう思うことは簡単でも、実際にやってみるととても大変でした。私のキャパシティーを超えた挑戦でした。眠気を我慢するために部屋の中で立って教科書を読んだり、授業がさっぱり分からなくて絶望的な気持ちになったり。。。

「あぁ、こりゃ終わったな・・・」と思うことも何度もありました。「こんな日がいつまで続くんだろう?」と思うと先が見えませんでしたし、心は折れる寸前でした。

でも、諦めようとは思いませんでした。それは周りに自分と同じような境遇で頑張っている人の姿があったからかも知れません。「私ならできる」というような自信はまったくありませんでしたが、やれることだけはやり切ろうと必死でした。

そんな日々を過ごし、UCLAで最後のテストが終わった日、私はキャンパスの芝生の上に倒れこみました。すべてを出し切った感があったので、芝生の上で空を見上げながらホッとしたのを覚えています。

そんな経験があるからこそ、その後何かに挑戦する時も全力を尽くしさえすれば何とかなるだろうと思えるようになりました。今はゴールに達する道が見えなくても、日々進むことを止めなければいつかゴールに達することができるだろうと。

これは、「自分ならやれると思う範囲」が広がった、つまりキャパシティーが広がったのだと思います。

やりきったと胸を張って言える挑戦から得られたこの自信こそが、私が留学で得た一番の成長の証だと思います。

どんな形の留学でも成長は可能

私は合計5年間の留学でしたので、成長する時間はたっぷりありました。では、短期留学でも人は成長できるのでしょうか?私は十分にできると思います。

たとえ1週間の短期留学でも、語学学校で初めて出会う外国人と話したり、英語で授業を受けたり、ホストファミリーと毎日色んな話をするだけで、こんな世界があるんだなぁと知ったり、これまで気づかなかった日本と海外の違いに気づいたりすることがあると思います。英語で人に話しかけることで、シャイだと思っていた自分の積極的な一面に気づいた、なんてこともあるかも知れません。

1か月位の留学であればさらに現地の様子もよく分かってきて、もっと自分や日本を第三者的な目で見れるようになるでしょう。視点が相対化されることによるメリットですね。

これらはすべて、海外という未知の世界に飛び出すことで今までの自分になかった視点を得るということ、つまり価値観の広がりであり、人間としての成長だと思います。

まとめ

留学する前は色々不安なこともあると思います。やることなすことすべてが初めてで、何が不安なのかもよく分からないというのが現実かも知れません。

でもそんな場所での経験は、あなたを必ず成長させてくれます。そんな成長が、あなたを待っています。

私は留学を通して、挑戦することの大切さや最後まで全力で頑張ることの大切さを学び、自分に自信を持つことができるようになりました。また、新たな自分の一面にたくさん気づくことができました。

そんな経験を、ぜひあなたにもしてもらいたいと思います。

 

「留学のメリット」シリーズを最初から読むには、
留学のメリットはズバリこれ!僕が留学で学んだ7つのこと」からどうぞ!

 

 - アメリカ留学体験記, 留学の目的